ハヤカワ文庫<br> パンドラ〈3〉

個数:
電子版価格 ¥658
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
パンドラ〈3〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月20日 05時33分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 363p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309091
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

地球規模の環境異変に対して、科学者たちは、未発見の彗星パンドラからもたらされたものであり、その目的は、最終的に地球をパンドラ化することにあるとの仮説を打ち出した。それは、この異変が外宇宙からの侵略であり、行き着くところは人類の滅亡であるとの予言に等しかった。そしてついに地球に接近する、彗星パンドラが発見され、仮説は真実となる。各国連携のもと、宇宙戦闘を想定したパンドラ探査計画が発動した―。

著者紹介

谷甲州[タニコウシュウ]
1951年兵庫県伊丹市生まれ。大阪工業大学土木工学科を卒業後、建設会社に勤務。退社後は、青年海外協力隊(ネパール)に参加する。その間に創作を開始し、1979年「奇想天外」誌でデビュー。広報誌の編集、国際協力事業団の派遣専門家(フィリピン)などを経たのち、執筆活動に専念。数々のSF・冒険小説を発表し、1996年『白き嶺の男』で第15回新田次郎文学賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)