ハヤカワ文庫<br> ロミオとロミオは永遠に〈上〉

個数:
電子版価格 ¥726
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ロミオとロミオは永遠に〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年05月19日 01時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 436p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150308551
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。エリートへの道は唯一、「大東京学園」の卒業総代になることであった。しかし、苛酷な入学試験レースをくぐりぬけたアキラとシゲルを待ち受けていたのは、前世紀サブカルチャーの歪んだ遺物と、閉ざされた未来への絶望が支配するキャンパスだった。やがて最下級の「新宿」クラスと接触したアキラは、学園の驚くべき秘密を目にするが…。

著者等紹介

恩田陸[オンダリク]
1964年宮城県生まれ。早稲田大学卒。1992年、第3回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作『六番目の小夜子』でデビュー。2005年、『夜のピクニック』で第2回本屋大賞、第26回吉川英治文学新人賞受賞。2006年、『ユージニア』で第59回日本推理作家協会賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

相田うえお

89
★★★☆☆21072【ロミオとロミオは永遠に〈上〉 (恩田 陸さん)】初めは全国高等学校クイズ選手権(クイズ甲子園)とハリーポッターを混ぜて合わせて、隠し味にSFスパイスを効かせたスパゲティのイメージが浮かんだんです。(ちょっと何言ってるか分からない...) さらには〜ダースベイダー、ごー!しゅごー!ごー!しゅごー!って息してる感じ(汚染された近未来日本が舞台。地面からは有毒ガスがプクプク)裏話〜東京ディズミーランド、客がタバコを捨てたら瞬時に清掃!なぜなら火気厳禁!地下には秘密の化学工場があったとか。2021/07/29

拓郎

51
内容は期待していたものとちょっと違いました。何とか上巻読み切りました。引き続き下巻へ行きます。2015/09/17

NADIA

43
「ニューヨークに行きたいかー!?罰ゲームは怖くないかー!!?」 あの名物番組のあの名物アナの声が頭の中にこだました。恩田さんの中ではユーモア小説に分類されるのかな? 筋は全然ギャグじゃなく、近未来ファンタジーだけど。昭和テイストがふんだんで昭和を経験した人には楽しめるはず。ああ、「アメリカ横断ウルトラクイズ」面白かったなあ。2016/10/14

アマニョッキ

41
読書会でおすすめしていただいた本。苦手克服恩田陸、ということで内心不安もありつつ読みはじめましたが、面白い!ボーイミーツボーイ&近未来バトル・ロワイアル&70~80年代サブカルチャー、本当にいろんな角度から楽しませてくれます。そして各章に映画のタイトルがつけられているのですが、このセレクトがまた良い。ダヴィアーニ兄弟、レフ・トルストイ、テオ・アンゲロプロス、ゴダール、などなど、、、恩田先生とは映画の趣味合いそうです。引き続き下巻へ。2017/04/29

41
今までに読んできた恩田さんの作品とは一味違うSF物語。産業廃棄物に溢れかえった地球、大東京学園の卒業総代になることが唯一エリートになる道である世界。青春物語というにはあまりにも退廃的で暗すぎる世界観。それでもアキラやシゲルが待ち受ける試練に乗り越える姿や、アンダーグラウンドで楽しみを見出す生徒たちの姿は心躍るものがある。最初こそこの世界観に入り込むのに少し時間がかかったものの、エンジンが入るととまりませんね。ちゃんとした感想は下巻で、ということで。2014/09/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/574658

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。