ハヤカワ文庫
北野勇作どうぶつ図鑑〈その6〉いもり

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 106p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307257
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

本書には、「曖昧な旅」「イモリの歯車」ほか不思議な紀行もの3篇を収めました。あのカメリも、福引きで当てたハワイ旅行に出かけます。“夢のハワイ”に―。北野さんならではの、どこか懐しくて、どこか切ない世界にひたってください。対象年齢、12歳以上。

著者等紹介

北野勇作[キタノユウサク]
1962年兵庫県生まれ。『かめくん』で第22回日本SF大賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぜんこう

20
「曖昧な旅」「イモリの歯車」「カメリ、ハワイ旅行を当てる」・・・カメリの話のみ「カメリ」で既読。 いもり の登場が多めの連作ショートショートという感じ、しかもいい感じでした。相変わらずよくわからない話やけど(^^;) このどうぶつ図鑑シリーズ、図書館本でなければ、付録の折り紙で どうぶつを作れたし、カバー裏面(←図書館本なので確認不能)のジオラマで遊べたんやろなぁ。 とにかくシリーズ読了! 不思議な楽しさでした(誰もが楽しめるわけじゃないでしょうけど)2019/02/24

やんも

1
イモリとヒト、旅がテーマの最終巻。カルヴィーノ風な旅のショートショート。亡き妻にそっくりに作られたイモリと逃避行する男の物語。そして書き下ろしのレプリカメ、カメリアのエピソード。カメリアは甲羅に折り畳まれた記録の中のハワイへ行く。やはりかめくんと同じ構造なのだろう。ただ、カメリアの時代には、人類は滅んでいる。ザリガニの姿もないので、共倒れだったか、負けたのだろう。2013/03/21

バルトアンデルス

1
SFホラー。真夏の湿気たっぷりな夜に怪談を聞いているとの同じ気分にななります。カメリはかわいいけど。2012/11/28

gu

1
イモリには割と縁のある人生を送って来たのだけれど、ヤモリは現物すら見たことがなかったりする。どうぶつ図鑑シリーズで一番か二番目に好きな本。世界を「練りもの」として描いていることが多いように思う。「だが、どうせ最後が決まっているのなら、せめてそれまではおもしろおかしく語ることを心がけようとも思う。すくなくともそれを語っている間、お話は続いていくのだから。たとえそれが、ほんとうはとっくに終わってしまった昔話だとしても」2011/04/06

たこい☆きよし

0
北野勇作の短編を巻ごとにテーマ(どうぶつ)を決めて全6巻で出版する企画の6冊目。楽しい一気読みでした。2016/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540671

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。