ハヤカワ文庫
北野勇作どうぶつ図鑑〈その5〉ざりがに

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 106p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307240
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

本書には、「押し入れのヒト」「ヒトデナシの海」など、タイトルからしてどこかもの哀しいヒトたちにまつわる3篇、「ザリガニさま」ほか「生き物カレンダー」の9月から12月を収めました。北野さんならではの、どこか懐しくて、どこか切ない世界にひたってください。対象年齢、12歳以上。

著者等紹介

北野勇作[キタノユウサク]
1962年兵庫県生まれ。『かめくん』で第22回日本SF大賞受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハイランド

59
北野氏の短編三作ショートショート三作。作者の小説を読んでいると、時々迷宮に迷い込んだような気分になる。小説の舞台は何時なのか、そして何処なのか、登場人物は人なのか何なのか。滅びの予感と正体のわからぬ怖さ。「ヒトデナシの海」のホラーの仮面をかぶったストレートな怖さ、「押し入れのヒト」のSFの仮面をかぶった怖さ。「ペットを飼うヒト」のじんわり包まれるような怖さ。怖さの正体はカタカナで書かれたヒトという存在なのだ。それは明らかに人間ではなく、訳の分からない存在。そのヒトが演じる何かの仮面をかぶった小説なのだ。2016/09/14

ぜんこう

18
「押し入れのヒト」「ヒトデナシの海」「ベットを飼うヒト」「生き物カレンダー(九月~十二月)」 ざりがに よりはヒトだな、この巻は。 でもヒトと言っても人間とも限らない。 ヒトデナシは『カメリ』のヒトデナシとは違ったけど、ヒトの代わりという意味では一緒か? ペットも、あのペットなの?という普通じゃないペットだし。 結局どの話もよくわからないんやけど、それが嫌ではない不思議(^^;)2019/02/24

やんも

1
世界を巻き込んだ戦争のちの時代。生体工学が生んだ兵器や労働力が、日常に紛れて暮らす、不思議な北野勇作の世界。他の長編にもつながりがあって、ちょっとマニアックに楽しめた。カナ文字のヒトは、皆人類でないヒトなのである。2013/03/21

バルトアンデルス

1
ペットがかわいくて切なくて。いつもの北野作品に比べると、生々しさが少なかったような。2012/11/26

1
どれも味わい深いけど特に好きなのは『どーなつ』の後の話っぽい「ヒトデナシの海」。2009/11/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540670

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。