ハヤカワ文庫<br> デス・タイガー・ライジング〈1〉別離の惑星

電子版価格 ¥726
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
デス・タイガー・ライジング〈1〉別離の惑星

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 403p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307226
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

二重太陽系の一惑星ベルゼイオンは、太陽が大接近する千年に一度の“夏”を迎えようとしていた。そんな時、首都クローゼンナイツに暮らす医学生のミレは、純朴な画学生キバに出会った。周囲の思惑をよそに、次第に魅かれあうふたり。しかし、“夏”による災厄を克服すべくベルゼイオン政府が発令した他惑星への宣戦布告は、ふたりの運命を無残にも切り裂こうとしていた…戦乱の惑星間に展開するSF大河ロマンス開幕篇。

著者等紹介

荻野目悠樹[オギノメユウキ]
1965年東京都生まれ。横浜市立大学商学部卒。『シインの毒』で1996年度集英社ロマン大賞を受賞してデビュー。『破剣戦鬼ジェネウ』『六人の兇王子』など退廃的にして絢爛たる異世界ファンタジイ・シリーズで人気を博す。近年はスペース・オペラ作品が多い
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

へいがぁ

1
「強化人間」(笑)。この戦争の推移は既読作品で判っているので、大きな流れとどのように絡んでくるのか、非常に楽しみです。2015/11/03

0
L2010/01/03

永山祐介

0
主人公が医者を目指している女性で、様々ないきさつから軍医として星間遠征に帯同しているので、双星紀での視点よりも、低いレベルの視点で戦争が語られています。そのためもあって、戦争による悲惨さがより強く書かれています。2003/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/481227

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。