ハヤカワ文庫<br> 宝島(上)―グイン・サーガ外伝〈17〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
宝島(上)―グイン・サーガ外伝〈17〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150307028
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

海賊に憧れて、少年たちは旅立った。かくされた財宝のありかを求め、まだ見ぬ海へと乗りだした。しかしそれが彼らの運命を暗黒へと引きずりこむ恐るべき試練の旅となるとは、希望に胸をふくらませる少年たちには知るよしもなかった。のちにその残忍な所業から、殺戮王と呼ばれることになる男、イシュトヴァーン。彼の人生を大きく変えた、無謀で残酷な、しかし友情に彩られた若き日の冒険の全貌が、いまここに明かされる。

著者等紹介

栗本薫[クリモトカオル]
別名に中島梓。東京生まれ。早稲田大学文学部卒。77年中島梓名義の「文学の輪郭」で群像新人賞評論部門を受賞。78年『ぼくらの時代』で江戸川乱歩賞受賞。以後、作家・栗本薫、評論家・中島梓を使い分けて多彩な文筆活動を展開する。小説作品は、ミステリ、SF、時代小説、耽美小説と多岐にわたる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

眠る山猫屋

45
2002年頃なんだなぁ・・・。同時に発掘されたのは、正編の96巻辺り。百巻で完結しないので諦めたんだったか。この外伝は、若き日のイシュトヴァーンがナント海域に少年たちだけで乗り出し、挫折していくまでの上巻。全滅する子供たち、本気の海賊の無慈悲・残忍さ。片腕と見込んだランが切ない。少年たちを纏めきれず、大人も信じられず。未熟なイシュトの危うさが放っておけないのは解るような気がする。2017/12/22

nonたん

26
やっぱりこやつはバカチンなのだ。仲間を集めては、そこら中に置き去り。俺は悪くない!生き延びるためには仕方なかった…。バカだろ。ひとりで生きろ!他の人を巻き込むんじゃない!かくして、ホンモノの海賊にさらわれゆく~。下巻でみんな生きてるとイイのだが…。2012/08/25

きーみん

16
占いのあばあさんの話を、ちゃんと聞いとけば良かったのに・・・2011/04/07

きらら@SR道東民

14
それにしても表紙が素敵すぎます、イシュト・・・ただ中身は子供っぽくて海賊ごっこをしている感じ。しかもあちらこちらに仲間を置き去りなんて・・ハチャメチャでも仲間思いのイシュトでいてほしかった。トリばばあさんの予言ちゃんと聞いておけばよかったのに、さて下巻ではイシュト達の運命はいかに。2013/08/28

くっきー

10
若き日のイシュトの冒険譚。行き当たりばったり感がたっぷりなのは今とあまり変わらない感じかな。やはりピンチになるとドキドキワクワクして面白いんだけど、イシュトの仲間をすぐに切り捨ててしまうような振る舞いはいくらなんでも…って感じであまり好きになれず。でもまぁイシュトらしいといえばイシュトらしいと思うけどね。2013/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/541680

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。