ハヤカワ文庫<br> 春の微熱

電子版価格 ¥660
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
春の微熱

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306946
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アルゴス

6
清原なつのの青春もの。さらっと書いた一筆書きのような短いものが多いが、思春期の男女の感情の揺れを巧みに描き出す。しかし「うぶ毛の予感」というタイトルはうまいなぁ。どうしてこんなタイトルを思いつくのだろう。「たちの悪い少女雑誌の読みすぎではありませんか」「私 本気です」。2018/01/28

案山子

3
ものすごく久しぶりに清原作品を読みました。なんとも自意識過剰で頑なで潔癖な少女たちだよなぁ、でもわからなくもないよなぁ、と懐かしく思いながら読了。掲載されていた時代を思うと、けっこう過激な内容だったのでは?と思ったりもする。2012/07/01

cottontail

2
突然思い立って再読。80年代にこの作品群、この問題意識、すごいとは思うんだけど今となってはちょっと共感しづらいところもある。私は作者の作品でいちばん好きだったのは「群青の日々」だったんだけど、今回読んで「今6月の草木の中の」もすごく好きだったんだよなあ、こんな気持あるよなあと思いだしたりした。2021/06/22

アロゲロゲ

1
ABCに時代を感じる2014/05/17

chu

1
すごくおもしろかった。この時期のこの人の話をもっと読んでみたい。解説の山本直樹さんのいうように、確かに少女漫画的なのに「半歩か一歩ずれた微妙な視点」がすばらしい。はまりそうな漫画家。2010/01/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/52461

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。