ハヤカワ文庫<br> ムジカ・マキーナ

個数:

ハヤカワ文庫
ムジカ・マキーナ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月25日 18時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 478p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306939
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

1870年、理想の音楽を希求するベルンシュタイン公爵は、訪問先のウィーンで、音楽を絶対的な快楽に変える麻薬“魔笛”の流行を知る。その背後には、ある画期的な技術を売りにする舞踏場の存在があった。調査を開始した公爵は、やがて新進音楽家フランツらとともに、“魔笛”と“音楽機械=ムジカ・マキーナ”をめぐる謀略の渦中へ堕ちていく…虚実混淆の西欧史を舞台に究極の音楽を幻視したデビュー長編。

著者等紹介

高野史緒[タカノフミオ]
1966年茨城県生まれ。お茶の水女子大学人文科学研究科修士課程修了。1995年、第6回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作の『ムジカ・マキーナ』で作家デビュー。以降、音楽や舞踏などの芸術をテーマに、中世・近代西欧の史実に現代の科学技術を大胆に外挿した歴史改変小説『カント・アンジェリコ』『ヴァスラフ』などで高い評価を得ている
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

空耳

25
19世紀ヨーロッパを舞台に、音楽に魅せられた人々が音楽の快楽を増幅させる麻薬「魔笛」とオーケストラも凌駕する謎の音楽機械を巡る謀略に翻弄されていく音楽SFミステリ。すごく読み応えのある物語でした。究極の音楽を目指そうとする人々の情熱には魅了される一方、それを求めるがあまり色々と常軌を逸していく姿には不気味さを感じました。印象的だったのは最終章。狂気じみた雰囲気からのあの勢いのある展開にはこれぞラストという風格を感じ胸が熱くなりました。「究極」という言葉の恐ろしさと音楽のいろんな魅力を知ることとなった一冊。2019/01/05

田氏

20
これは普仏戦争あたりの時代のヨーロッパを舞台にした小説である。音楽に関わる者なら誰もが一度は夢想するであろう、頭のなかで鳴っている"理想の音楽"の具現化を目指す人々、そこに忍び寄る麻薬の影。さて、まずは巻頭の登場人物一覧を見てほしい。ナポレオンの名前や、公国の君主、楽団の指揮者などの19世紀めいた肩書きが並ぶ中に、【テクノ系DJ】なんでやねんドーーン!!そうですここは産業革命後のイギリスにクラブミュージックと、ついでにメタルとパンクまで前倒しで到来している偽史音楽SFの世界ですいらっしゃいませ!やったー!2019/09/20

19
文章がすっと心に入って来なかったところもありましたが、面白かったです。機械音楽VSブルックナー教授の即興、は聞いてみたいです。音楽を文章で描くのって難しいと思いますが、どんな音楽なのだろうと想像を掻き立てられました。魔笛やイズラフェルのような薬は怖いですね。あとセントルークス卿の装置も。マリアの真相に驚きました。楽しかった。2015/06/21

かとめくん

18
19世紀、異形のヨーロッパで音楽にとりつかれた者たちの物語。求める音楽のためにはテクノロジーとドラッグの融合で体現を試みたり、とにかく何でも利用する。ウイーンフィルの指揮者からクラブのDJへの転身なんて刺激的だ。そして謎のミューズ。究極の音楽機械はすべてを破滅に導くのか。すごい。スチームパンクしてる。面白かった。2015/05/27

波璃子

14
クラシックを題材に歴史も絡めつつミステリーやSFの要素もある。ジャンルを横断する壮大なストーリーに硬質な文体にマッチしており、クラシックやヨーロッパの歴史を詳しく知らなくても楽しめた。「屍者の帝国」っぽいなと思って見ていたら「屍者~」よりだいぶ前の作品だった。デビュー作とのことで驚き。2018/11/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/533946

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。