ハヤカワ文庫<br> イティハーサ 〈7〉

個数:

ハヤカワ文庫
イティハーサ 〈7〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月24日 20時46分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 462p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306519
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みとと50

18
亜神・威神でも救えず。後の世に一神教が現れるとも、それを打ち砕き進化の道を探れる者を探し出す手段として、神々の争いや人の間に起きる戦乱があったって事。また遺伝子の進化とその可能性を見守り、実験でしか無い事。神としての慈愛などなく、そこに生きる人間をただ観察していただけだった事。叡智と冷酷な程の観察者の視点が、また神と名のつく方々においても知らされずに踊らされていただけだった事。でもきっと人というものは、枠を越える存在になるだろう可能性を残してある事。これが、トウコとヤチオウの結合でなされたんだろうな。2014/07/24

じぇい

11
全巻再読。難しい・・・嫌なことは全て忘れて幸せになり、天音に全員が祈りを捧げるというのは怖い話だ。前に読んだ時より鷹野とトオコはあれでいいのかもと思った。青比古と桂のハピエンで満足した。結構疲れるので次に再読するのはまた数年後かも。2014/05/03

keyhole

7
【★★★★】再読(単)。終わってみれば、これはトオコや鷹野より青比古の物語だった気がしてならない。こういう観念的な話は得意じゃないんだが、最近の漫画や小説でこれほど神だの世界だのを陳腐にならずに描いてる作品って読んだ事ないので少々圧倒されてしまう。火夷のことと、鷹野とトオコのラストは正直好きじゃないんだが、20世紀の名作と言われる漫画作品のひとつだと自分は思う。2010/06/23

skr-shower

6
コミックサイト。再読。押し入れにしまったまま。”百億の昼と千億の夜・萩尾望都版”でもそうだけど、人間の存在は神の視点ではバグなのかと無力感が…青比古のための物語、神さえも添え物であったような物語。ラストに納得はいかなかった事も思い出しました。今はこういう大河物は連載しきれないだろうな。2020/03/27

真鳥

6
鷹野とトオコ、青比古と桂、なぜそうなったのか。世界を見てしまい、世界に取り込まれたものとそこに踏みとどまった青比古の物語だった。2010/09/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/441287

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。