ハヤカワ文庫<br> 大導師アグリッパ―グイン・サーガ〈75〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
大導師アグリッパ―グイン・サーガ〈75〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 291p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306489
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

伝説の大導師アグリッパはどこに?探索をつづけるヴァレリウスは、ルードの森で“ドールに追われる男”の異名を持つイェライシャ老師から、アグリッパはノスフェラスにいるとの情報を得る。一方、病床のナリスを訪れた彼の生母ラーナ大公妃は、ナリスの一連の行動を鋭い舌鋒でなじるのであった。そしてついに、イェライシャとともにノスフェラスの奥地に飛んだヴァレリウスだが、そこで、生ける神秘を目撃することに。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nonたん

30
さすが大導師!顔デカいww そして、話もデカい!宇宙飛び越えて次元の彼方へ~( ̄○ ̄) 分かったような分からんような話を聞かされたヴァレさん。人間でそんな話聞いても、使えないな…。ドールに追われる男が一肌脱ぐぜ! そんで、逃れるあいつ。追うは、いとこのベック公。青白く光る眼に何が映っているのか…。2012/04/13

瀧ながれ

28
ヴァレリウスはイェライシャとともに、アグリッパとの対面を果たすが、彼はすでに人間を超越した存在に変化していた。中原に介入したのは彼ではないと確信し、またヤンダル・ゾックやグインについて、異なる次元からの船といったことについて有意義な意見交換を行ったのち、ヴァレリウスとイェライシャはノスフェラスに戻った。ヴァレリウスの生真面目さは、探求者たちに愛される素質かもしれん、が、それはそれとして急げヴァレリウス、ナリスはまた逃走しなくてはならなくなったぞ。ヨナの、ナリス実母への対応に、ちょっと溜飲が下がりました。2015/12/13

きらら@SR道東民

18
いよいよ大導師アグリッパ登場!顔大きすぎ・・・。そしてSFっぽくなってきました。結局アグリッパはヴァレリウスに手を貸してくれるのかくれないのか、彼の観相とやらがわかったようなわからないような、でもヴァレリウス、アグリッパに気に入られたようで良かった。ラスト寸前でナリスの方にも動きが・・。やはりベック公も青白い目にされてしまった。2013/05/16

きーみん

18
ヴァレさんって魔道師なのに、人類代表な感じ。しかもジジイうけ(?)がいいね♪2011/03/13

Toshy

17
魔道士同士の長い会話にすっかり読み疲れ。ホントになかなかはなしが進みません。最後の章で、やっと動きが出て来た予感。2013/12/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/531348

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。