ハヤカワ文庫<br> 恋

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

ハヤカワ文庫

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2021年09月26日 10時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 462p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306137
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

連合赤軍が浅間山荘事件を起こし、日本国中を震撼させた1972年冬。当時学生だった矢野布美子は、大学助教授の片瀬信太郎と妻の雛子の優雅で奔放な魅力に心奪われ、彼ら二人との倒錯した恋にのめりこんでいた。だが幸福な三角関係も崩壊する時が訪れ、嫉妬と激情の果てに恐るべき事件が!?香りたつ官能、美しき異端、乾いた虚無感。比類なき美と官能に彩られた小池文学の最高峰!ジャンルを越えて絶賛された直木賞受賞作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

180
タイトルとは裏腹に重い、シリアスな物語でした。タイトルから勝手に素敵な恋物語を想像して手に取りましたが、裏に書いてあるあらすじを読むと「ん?コレは・・・」と思い、読み始めるとアッという間に小池さんワールドへのめりこんでしまいました。直木賞受賞作品は当然のコトと実感できる文章の素晴らしさをこれ以上ないくらい堪能できること間違いなしです。小説という枠組みをはるかに超えた文学の域に位置する作品でした。本作が小池さん作品の初読みだったので、その後次々と読了してしまったくらい、小池さんの世界に完全に虜になりました。2010/09/21

美登利

105
とても淫靡だった。世代的には私は経験してない(生まれてはいたけれど)時代背景があって、それを含めての想像もつかない世界の出来事のようでいて、まるで自分もその世界を堪能してる気分に陥って読んだ。官能シーンはさほどないのだけれど、目の前で繰り広げられる行為と秘められた行為の差は有るのだろうか?25年前に溯って語られる軽井沢の風景は今はどうなのだろう。きっと私が若い頃ともまた違うのだろう。片瀬夫妻が布美子を気に入った理由は今ひとつ掴めなかったけれど、夫妻には充分魅了された。阿刀田さんの解説も逸脱。 2018/02/02

藤月はな(灯れ松明の火)

88
極彩色の花々を散らしたような薄氷の上に立つような心許なさがある。富美子は一生に一度の恋に堕ちたのだろう。但し、恋した対象は特定の人物でなく、永遠に続くかと思っていた甘美な関係性であっただけで。そして恋は余りにも盲目で純度が高いと人を目も当てられない程、みっともなくさせる。雛子も富美子もそうだった。でも私は富美子の押し付けがましさよりも雛子がこの関係に持っていたであろう寂しさや倦怠を思うと苦しくってしょうがない。そういう私はもう、大久保のような人間だ。でも真っ当さが人を救うとは限らないのも知っている。2018/07/24

らすかる

39
最初は「恋」とゆうタイトルとこの登場人物たちがどうつながるのか全く読めず、それ故に分厚いにも関わらず一気読みしてしまいました。普通でいったらありえない片瀬夫婦の関係も、ふうこ目線で読んでいるからか私まで魅了されてしまって(/ω\) 倫理観とか何処吹く風で羨ましいとさえ思っちゃいました。まるまる人を好きになるとこうなるのかな?嫉妬や束縛がない究極のカタチなのかな?静かなのに内に秘める熱量のすさまじい「恋」。素敵な作品でした!オススメしてくれた読友さんたち、ありがとぅ~🎵2019/05/18

GaGa

38
117クーペが読みながら何度も頭の中に蘇ってきて。あの真正面から見ると宇宙人のような斬新なデザイン。ヘッドライトは後期の角四灯よりもやはり丸四灯がベスト!と、内容は浅間山荘事件を背景にブルジョア的退廃と官能的な内容で前半は引き込まれたが、肝心の秘密の正体を知らされてから失速。どことなくありきたりの展開に。疑問として鳥飼は殺された大久保に全く興味を持たなかったのだろう?布美子の思いを受け止めるのも説明不足。ある意味すべてがすべてに恋をしたとすれば納得できますが…2011/05/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/563969

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。