ハヤカワ文庫<br> 消えた少年

個数:
電子版価格 ¥628
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
消えた少年

  • 東 直己【著】
  • 価格 ¥902(本体¥820)
  • 早川書房(1998/06発売)
  • ブラックフライデー全点ポイント5倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 40pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年11月27日 21時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 446p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150306014
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

学校では問題児扱いだが映画が大好きな中学生、翔一と知り合い意気投合した(俺)。ところが、翔一の親友が惨殺死体で発見され、一緒にいたはずの彼も行方不明となってしまった。変質者による誘拐か?暴力団がらみなのか?それとも、学校をも巻きこんだ障害者施設反対運動に関係があるのか?担任の教師、春子に翔一の捜索を依頼された(俺)は、彼の姿を探してススキノを疾走する!新感覚ハードボイルド長篇第三作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

りゅう☆

95
春子の生徒半沢が無残な姿で殺された。同時に翔一が行方不明に。翔一と意気投合した俺は春子からの依頼で翔一を探す。ポケベル登場の時代。すぐに連絡取れないのがもどかしい。生徒に不人気な教師鷺坂、村野らの福祉センター建設反対活動がどう関係するのか、調査を進める中、俺は何かを知ってるはずなのに気付いてない歯痒い感覚あり、翔一が拉致られ不安に駆られ、撹乱する捜査に戸惑ったり。半沢殺害に至るまでと、犯人に対してただただ嫌悪感しかない。俺が嘔吐するのも納得。俺に何度も訪れる臨場感ある危機一髪場面に後半は一気読みでした。2018/03/06

セウテス

66
ススキノ探偵シリーズ第3弾。前作にて登場した教師の安西春子、彼女の依頼で生徒の翔一を助けた。その翔一が、友人の死を境に行方不明となってしまう。翔一は無事なのか、何処に居るのか、友人を殺害した犯人は誰なのか、疾走感あり一気に読める。主人公俺に感情移入しやすいと言うか、本人に成りきって駆け抜ける札幌の街の気持ちの良さは、実感として伝わる。登場人物の現存感が半端なく強い、それは時間の経過とともに成長しているからかも知れない。「寅さん」→「釣りばか」→「本シリーズ」、後ヒロインはやっぱり必要なんだと良く理解した。2017/06/13

修一郎

61
ススキノ探偵シリーズは[俺]が洩らす,減らず口&人生観[ワイズクラックと言うらしい]が好きでたまらない。これで3冊目。読み方に慣れてきたぞ。特徴は固定電話&伝言ゲームでの時間の交錯で混乱しがちなこと。メモと栞をたっぷり準備して対抗。話は抜群に面白かった。[俺]が気に入った中学生を性倒錯者から守るために命をかける。話が何層にも重なっており,展開早い。ただ,残酷な殺し方と犯人像が整合せず違和感残った。また怪獣と対決させて終わりというのは粗っぽさを感じてしまった。丁寧にまとめてくれた方が良かったのですが…2014/04/14

kaoru

45
安定の面白さ。今回はアクションシーンが良かったです。特に、ラストの犯人の暴れっぷりは圧巻。また、アウトローなのにお人好しな主人公の正義感や行動原理に共感できるので、物語にのめりこむことができます。2016/10/06

七色一味

42
読破。どんなに絶望的な状況でも、前に進もうとする思考は凄い──というか、悲愴な感じも漂ってますが…。そうじゃなければ、ハードボイルドじゃないし、<俺>じゃないか。妙に人間臭さを感じた作品でした。2012/12/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/492294

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。