ハヤカワ文庫<br> 星は、昴

個数:

ハヤカワ文庫
星は、昴

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年10月20日 19時57分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 367p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305864
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

君の国では、あの星をすばると呼んでいるのか…イギリス人のターナー博士の声が、遠い宇宙空間から流れてくる。博士と日本人の私は、ともに隔たった観測基地の研究者。孤独のなかで通信をかわすうちに友情がめばえたのだが、やがて私は、規則正しかった博士からの受信時間がずれていくことに気づく。表題作『星は、昴』をはじめ、ハードSFの旗手が、宇宙を舞台に多彩なアイディアと雄大なスケールで贈る、傑作短篇集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のりあき

25
これほどに巨大なスケールの短編集があるだろうか。時代はかなり遠い未来。数千光年のスパンで語られる。太陽系、星団、天の川銀河、さらに銀河団、ボイドを通り越しその先へ、物語のスケールは拡大を続ける。壮大過ぎて想定不能。私の頭にエラーメッセージが表示される。しかし、それぞれの物語が多様なため、飽きさせることはない。特に『敗軍の将、宇宙を語らず』は極大スケールである。もはや、アゴが外れて戻らない。話がデカ過ぎて、リアルなドラマ性に欠けるも、これはこれで面白い。夜中にTVを消し、静かに虫の音を聞きながら読みたい。2016/06/26

みずけろ

2
ハードSF短編。SFのハードな部分を正確に理解するのは放棄しても(だってわかんない)、とても面白かった!! 「フライデー」「コズミック・プリズム」が好き。そしてなにより表題作「星は、昴」がすばらしくいい。最後の届かない呟きに泣けた。良い読書体験でした。2015/06/15

sof

1
再読。表題作が大好き。これだけ硬い用語に説明にをしているのに読後の感触がロマンティックで柔らかい。コズミックピルグリムのブラックホールに集結する星々のシーンが見ちゃいけないものを見ちゃった怖さで最高。道の道とすべきはの老子は168歳になったとき…の書き出しが好き。2021/02/18

ゆけちゃす。

1
宇宙を漂う何光年もの広さを持つ生命体の話とか、知的生命を誕生させて宇宙規模の戦争に巻き込もうとする何者かの話とか、何度も興亡を繰り返しては失敗し続ける文明とか、この短編集だけで何千年何万年の時間を描いているのか。30年前頃に書かれた短編だけど今読んでもとても面白い。2019/02/22

へ~ジック

1
農業用ブラックホールですとな…。2016/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538513

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。