ハヤカワ文庫<br> 叔父様は死の迷惑

電子版価格 ¥506
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
叔父様は死の迷惑

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 185p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305741
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ホレイシア

8
再読。超天然な叔父さんと侮れない女の子の肩のこらないコメディーで、時々無性に読みたくなる。「秩父路は死の迷路」から発想したというタイトルの由来が楽しい。大人と対等に渡り合うメリィアン、今なら「アスペ」だと言われるに違いないデビッド、どちらも身内にいたら「死の迷惑」だろうけど(笑)、二人とも大好きだ。2010/07/20

みのにゃー

5
処分前の再読。デビットおじさん(母の弟)とメリィアンのコンビ(今風にいうとバディ)が村で起こる珍事件を解決する連作ミステリ。楽しい。2020/08/02

シュエパイ

5
ミステリ作家志望のめいっこと、どこか奇抜で朗らかなおじさまの、やさしい日常系ミステリ。タイトルがものものしいのに、殺人事件は一切なし!という(笑)あぁ、さくらんぼのブタさんと、うどん粉病の羊の話辺りが好きだなぁ。最後のお話は、やっぱりみんな叔父様が好きなんじゃないかって感じ♪2012/01/28

kurumi

3
懐かしい。以前は姪っ子の立場で読んでたのに今は叔父様の立場で読んでいるところに時間の流れを感じるw会話がおしゃれなイギリス映画のよう。登場人物が皆なんとなく脳天気なのがいい。2010/04/11

per-sona

2
今、読みたい時期っぽい。 ゆっくり生きていきたいからかな。 時間の流れとか。肌で感じたい。目で確認するのではなく。 いいな。 ゆっくり考えて生きる。考えて決める。 流されるのではなく、流れといっしょに…… たとえば、チケットを手にしたら、思いきってグリーンランドに行っちゃったり。 《2020年6月 登録》2010/02/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。