ハヤカワ文庫<br> 吸血鬼エフェメラ

電子版価格 ¥671
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
吸血鬼エフェメラ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 324p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305604
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

地球には古えから、人類とは別種の知的生命体が存在してきた。彼らは吸血鬼と呼ばれ、その歴史は迫害の歴史であった。一族は吸血鬼狩りの激しい東ヨーロッパを逃れ、やがて東の端の国の教会の奥深くでひそやかに生きつづける。だが、22世紀初頭、巨大財閥グループの総帥・大門ヤスヒロが突然、吸血鬼一掃を目指し、一大殺戮を開始した。一族の存亡を賭け、吸血鬼たちがとった最終手段とは…幻惑の未来世界の吸血鬼物語。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

詩歌

12
エフェメラは享楽的な女、人体は衣装と認識して慈しむ事はなく、濃度の高い血液を好む成人病に冒された吸血鬼。彼女が椿油で髪をとかし爪を削り、肉体を労るように変化する。例え短い時間だとしても、温泉につかったようなリラックス感覚。法王の転生と結婚した数千年を生きた吸血鬼、吸血鬼の霊媒師、悪霊を呑み込んだ子供の行く末はネオテニー(幼形成熟)などアクの強い登場人物達。衰退の危機と爆発的人口増加の恐怖が短い間隔で押し寄せる。普遍的変化の中に存在するなら、私達はまだ神話の世界に生きているのかも。2014/11/08

ろびん

1
これは吸血鬼なのか……?2019/03/28

小竹

0
他の生物の身体を乗っ取ることで生命を繋いできた「吸血鬼」の種の物語(個人的にはこれを吸血鬼とは呼びたくないが)。魅力的な登場人物の不在、取ってつけたような展開に読んでいて何度も心が折れる。短篇「13」同様、どうもこの作家とは相性が良くないらしい。加えて、巻末山田登世子の寄稿があまりに独善的で戴けない。表紙デザインについても「何故?」の一言。2017/08/15

ナガサワ

0
大原まり子は倒錯した世界の描写がいいよなあ。吸血鬼伝説の『吸血鬼』そのものの考え方を改めたらこうなりました、的。そして、魂の行方。大門マナのセリフが突き刺さる。最後のニュータイプ誕生は出来すぎの感があるけど、突拍子もない展開でも素直で読みやすい。昨今、美魔女なんて言葉が世を騒がせるけど、もしかしたら…?2013/03/06

ABA

0
まぁまぁ面白い?

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/414487

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。