ハヤカワ文庫<br> 機械たちの時間

電子版価格 ¥302
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
機械たちの時間

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305321
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒロユキ

19
ふむん。かっこいい…。時空を超えて跳ばされたハイブリッド・ソルジャーをハードボイルドに描いたアクションSF…さらに神林さんお得意の「意識、時間、コンピュータ」で味付けされたてんこ盛りの内容となっておりますので、理解が追いつかなくなったりもしますが(笑)、なかなか楽しめました。主人公のクルマが…プレリュード(前奏曲) 、クライマックス(絶頂)、アコード(調和・協定)ってあたりもいいですしね。クライマックスってクルマは実在しないのが残念ですけど(笑)2013/07/15

おぎにゃん

7
未来と過去が逆転する。過去が未来で、未来が過去。時間が意味をなさない世界でのハードボイルド追跡劇…クールである。登場人物も、文体も、プロットも、総てがクールで格好いい。理解なんかできなくてもいい。クールさが、トリップ感が心地よい。そんな物語。傑作です。2014/04/03

H2A

6
舞台は新潟市、長岡市と一部火星。時代はいろいろ。語り口はハードボイルド。HOTという麻薬のほかにTIPという機械脳が出てくる。前半は場面が目まぐるしく変わり翻弄されるが、テーマにはよくマッチしている。題名にある「機械たちの時間」は生命の時間とは逆行するというし、太初の巨大意識というアイデアがおもしろい。それにしても絵里奈は邑谷と別れてからどうなったのか。いちおうヒロイン級なのに別れるというより置き去りにしてしまうドライさ。尾を引く結末である。2013/11/16

1nuchi4o

6
☆☆☆ うん、いまいち乗り切れなかった。設定の面白さを深く理解できなかったので、何が起こっているのか掴めず、断片的なクールな会話も仇となり、せっかくのテンポのよさもからも、おいていかれた感が。実に無念…。2013/11/03

ゆーいちろー

5
1987年の作品だと思うと、SF作家の想像力とは何とすごいものかと、そして当時の人間にとってコンピューターというものがどんなに空想をかき立てる魅力あるツールであったのかと、ため息をつきたくなる。今でこそ、コンピューターネットワークを重要な世界観として描くマンガ、アニメは数知れず存在する。そういった作品の洗礼を受けている、あるいは物心ついた頃から携帯やPCを身近に感じている若い読者は、もしかしたら本書には大して感銘を受けないかもしれない。なぜならば、この作品世界の骨格自体は、すでに現実に近いのだから。2012/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/512650

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。