ハヤカワ文庫<br> 闇夜の本 〈1〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
闇夜の本 〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 187p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150305291
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハワイ猫

16
坂田さんのファンタジー短編集。しかし坂田さんなのでやはりふわふわしていりと棘が不意討ちに。ほのぼのかと思えばぐさりとやられ、流れに緊張するとふふふ、となる。ふふふのあとはいつも少しだけさみしくなる。「大嵐」の堅物のおじいちゃん、最後の後ろ姿がよかったな。「月界通信販売」「非常識な死体」どちらもフフッとなるけど、ひんやりとした余韻がある。「ジュラ」ちょっと怖い。ハッピーエンドなのに。話の流れが緊張するなあ。最終話「神が喜びを…」安心できるハッピーエンドで、ほっ。2015/01/28

野のこ

15
闇夜の本だけど、温かみのある物語たち。森の大人しいバケモノ「大嵐」は子から孫へ受け継いで話された不思議の話。最後のおじいちゃんにジーンときました。丸い形が恐い狼男「月界通信販売」は訓練用のテキスト、白いお皿♪目玉焼き♪りんごの輪切り♪と歌うのかなぁと想像すると可愛い。「ジュラ」は娘と共に見守っていた亡くなった母の幽霊が、新しい家族に引き継ぐシーンが悲しいけど光が見えて素敵なお話でした。「神が喜びを下さるように」は可愛い天使の魔法ですれ違った男女がラブラブになる♡最後はお熱いねぇって感じでした。2017/03/17

みのにゃー

2
不思議な話の短編集。幸せな気持ちになれる話(『非常識な死体』は・・・本人さえよければ問題ない)ばかり。2016/08/27

IENEKO

2
再読。のっけから「お昼ともだちのバンダがやってきて」とさらっと始まりますが、バンダはつぶれたオバQのような生き物。そんな不可思議な生き物や出来事と日常が違和感なく地続きに存在する坂田ワールド。通販で教材を取り寄せて頑張る狼男や非常識な死体。楽しい(笑)2013/10/22

豆ぐみ

1
再読。うっふっふ。2016/03/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/547278

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。