ハヤカワ文庫<br> 虹の道―グイン・サーガ〈38〉

電子版価格 ¥440
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
虹の道―グイン・サーガ〈38〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 284p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150303747
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

パロでは、アルド・ナリス公爵と王女リンダの結婚式が華々しく始まった。贅をつくしたセレモニーがとりおこなわれ、ロイヤルウェディングを祝って各国の使節が次次とクリスタルの都を訪れる。しかし、その中には二人が期待していた、出席するはずのケイロニア使節グインの姿はなぜか見えなかった―。喜びに満ちた二人の結婚に酔うパロ。しかし彼らのあずかり知らぬところで、世界はふたたび大きく動き始めていたのだった。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nonたん

35
リンダとあいつの新婚旅行。具印様来なかった…なんか大変な事が起こったよ…我が儘姫誘拐事件! そして、久々のマリウス、タヴィア夫婦登場!なんと、ご懐妊!めでたいことは続くね〜〜。でも、最後は何やら不穏な空気…どうなる次号!2011/01/04

きーみん

24
我らがパロの新婚さんは、幸せいっぱいの新婚旅行!リンダが「この人を愛してるわ!」と確信する程、この先どんなに酷く突き落とされるんだろう?と、私の小さな胸は猜疑心でいっぱいに!(笑)弟夫婦も煙とパイプ亭に着いて、子供の誕生を待つ幸せに浸っていたのに、やっぱりな暗雲が〜!次借りてこないと!2010/11/07

ごんすけ

17
待望のグイン登場!…せず。グインに会えず、リンダやナリスだけでなく私もがっかり。 新夫婦がどれ程美しく、どれ程パロの人々に愛され崇拝されているか、そして、この夫婦がどれ程愛し合っているのか、祝賀ムードに感化されウキウキした気分で読み進める。と場面一転、舞台はトーラスへ。まさか、あの人達が登場するとは!!こちらの若夫婦も幸せそうで良かった。《煙とパイプ亭》の歓迎ムードで明るく終わるかと思ったら、何やら怪しい雲行きに。この明暗の描写はさすが。ケイロニアも含め、各国でまたひと波乱ありそうな予感。2014/07/13

きらら@SR道東民

17
今回もナリスとリンダの幸せ一杯の結婚秘話が続きます。ず~っと疑っていたけど本当に心からナリスは幸せを感じているのですよね。それにしてもリギアお姉さま、カッコいい!やはりグインは・・現れませんでした。何でもケイロニアでシルヴィアが大変な事になっているとか・・久々にマリウスとタヴィア登場、こちらも幸せそう・・だけどトーラスにてイシュト絡みで一波乱ありそう・・・。2012/03/08

椿

16
再読。前巻でめでたく結婚したナリスとリンダは新婚旅行へ。まるで、パロの観光案内のようだったよ(笑)マリウスの再登場、嬉しい。タヴィアの妊娠も分かって、幸せそうだ〜よかった!なのに、マリウスって、ホントにあっという間に、面倒なことに巻き込まれちゃうんだなぁ。タヴィアに同情するよ。2016/02/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/572331

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。