ハヤカワ文庫<br> 愛の衝撃

ハヤカワ文庫
愛の衝撃

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150303709
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

教授の一人娘と結婚した大学助手の青年。妻を愛しているのに、抱くことも愛の言葉をささやくこともできない。そんなことをしたら彼女は死んでしまうから…「愛の衝撃」、結婚した3年めのある夫婦。夫は毎晩帰りが遅く、妻に優しい言葉をかけてくれたためしもない。結婚てこんなものなんだろうか…「愛しているといってほしい」など、日常生活に潜んでいる。狂気をはらんださまざまな愛のかたちを描いた11短篇を収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

小物M2

0
「夢魔の通り道」も面白かったが、本作もなかなか良かった。もっと評価されるべき作家だと思う。全体的には愛をテーマにした作品が多い印象。まあ、特に関係がないのもあるけれど。ジャンルとしてはやっぱりSFになるような。ベストは「夏の少女」「愛の衝撃」。「夏の少女」は最初の方はよくある話と思ったら……。グロテスクながらも結末が美しい。「愛の衝撃」では、愛情アレルギーという特殊な設定から美しくも壊れそうなラストが切ない。次点は、最後の光景が恐ろしくも奇妙な「人形のような女」。世界の法則が歪んで崩れてゆく「不安な朝」。2015/08/12

1977年から

0
1992年

fuchsia

0
恐怖の日常ほどのインパクトはなかったかなあ。

タケミチ

0
様々な愛の形を描いた、切れ味のいいホラー短篇の数々が収められている。解説にもあったが、『人形のような女』『愛の衝撃』は傑作である。他に『夏の少女』『都市に棲む獣』もよかった。2011/01/21

warimachi

0
甲府のブックオフの海外SFコーナーにあったことをなぜか今でも覚えています。なんか「夏の少女」が好きだった。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/147768

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。