ハヤカワ文庫<br> メンタル・フィメール

電子版価格 ¥308
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
メンタル・フィメール

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150303648
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

一千億台のテレビジョンに覆いつくされた東京。この都市を支配する巨大コンピューターは、擬似映像で北シベリア低地の要塞都市コンピューターと愛しあう。そのさまは一千億のテレビのディスプレイの上に映し出され、壁、天井、街頭、店など都市空間のすべてを使って人々を包みこんでいた…。奔放なイメージで電子都市・東京を描き、日本サイバーパンク小説の先駆けともいえる「メンタル・フィメール」を収録する作品集。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

skellig@topsy-turvy

15
テレビジョン都市東京を支配する大コンピュータが北シベリアのコンピュータと愛し合い、その様が何千万ものディスプレイに映し出される。頽廃都市に蹲る両性具有者と時を越える少女、少年を愛する6人の女とラフレシア、物の本質を顕現させるバジリスク。一貫して母体(子宮)めいたメカニカル都市を舞台とした、幻想的で猥雑で切ない短篇集。2013/12/01

記憶喪失した男

6
詩的な短編集だった。2015/09/12

王天上

2
少女マンガのような独特の読み口のポエムちっくSF。物語の持って行き方にセンスを感じる。最初の一編がちょっとあれですが、だんだん面白くなっていきますのでご安心を。2016/03/16

葛井 基

1
巻頭の二篇が詰まらなかったので、表題作まで行って駄目なら捨てようと思っていたら、三篇めの時の花束で感動した。行間にイメージが迸る独特の文体が、単純なアイデアストーリーを違ったものに見せている。あとは、初期の筒井康隆としか思えないものが続く。ドタバタとセンチメンタリズムが同居しているからか。2014/10/15

ナガサワ

0
難しかった。同じ世界観を持つ物語の短篇集──なのだが、巻頭に収められた『時を待つひと』だけ違う(で、これだけ判りやすい)。『母なる大地』なんて表現があるけれど、人工知能の“都市”にその概念をあてがった感じだろうか。そう考えると、表題作のメンタル・フィメールが言い当てているし一番判りやすい。都市の恋愛や痴話喧嘩なんて、思いもつかないが。2013/02/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/514891

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。