ハヤカワ文庫<br> 敵は海賊・海賊たちの憂鬱

個数:
電子版価格 ¥572
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
敵は海賊・海賊たちの憂鬱

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 317p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150303525
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

悪の源・宇宙海賊を一掃しようという太陽圏連合の次期首長候補アーマデュークが、火星の無法都市サベイジを訪れた。海賊王・匋冥と対決しようというのだ。その護衛と案内をおおせつかったのが宇宙海賊課刑事のアプロとラテル。だが、護るべきアーマデュークは偽者だった。本物はいったいどこに?はたしてこれは海賊のしわざなのか?―黒ネコ型宇宙人アプロと、相棒のラテルが騒やかに繰りひろげるシリーズ第3弾。

内容説明

悪の源・宇宙海賊を一掃しようという太陽圏連合の次期首長候補アーマデュークが、火星の無法都市サベイジを訪れた。海賊王・〓冥と対決しようというのだ。その護衛と案内をおおせつかったのが宇宙海賊課刑事のアプロとラテル。だが、護るべきアーマデュークは偽者だった。本物はいったいどこに?はたしてこれは海賊のしわざなのか?―黒ネコ型宇宙人アプロと、相棒のラテルが騒やかに繰りひろげるシリーズ第3弾。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ぶるっちゃ

12
今回は敵は海賊と言うより、海賊VS不死身男の存在をかけた戦いという感じだった。事件の原因を取り逃してるので決着がついたようなそうでも無いようなモヤモヤした終わり方だったけど、人間と機械の対話という神林作品のテーマはしっかり根付いていた。雪風もカーリーくらいデレデレ(ヤンデレ入ってたけどw)なら深井大尉も良かったのにね。2016/04/18

シャル

7
海賊課の迷コンビアプロとラテルの大暴れは相変わらずだが、今回は敵の海賊、匋冥やシュビリー、そしてカーリーが正義の星治屋と幽霊に翻弄され続けるような、そうでないような話、かなあ。自分の存在を補償してくれるものは何なのかというのをそれぞれが相手を削り取りながら考えるというか……。そんな中、自分が一番という海賊課の二人は相変わらずなのであった。2013/01/18

キキベル

6
敵は海賊というより、不死身男との対決でした。 私は、もっともーっと、ラテルとアプロとラジェンドラに暴れてもらいたい。 次巻が楽しみです。2016/08/18

おぎにゃん

6
敵は海賊第3弾も、楽しく読了。ラジェンドラは前巻以上にキレまくるし、カーリーのヨウメイに対する乙女心もツボにはまったが・・やっぱりアプロだなぁ。宇宙最凶の殺戮ネコ。ラテル曰わく「シリアスなアプロは見たくない」・・・同感。でも可愛い。そして、ドタバタの背後のシリアスなテーマが隠れてるのも、今まで通り。次作も楽しみ。2013/09/20

かとうさん

5
不死身の星治家に関わる何かについて、ドタバタしながら語る。この話は、初音ミクが政治家になっても通じるなと思いつつ、相変わらず筆者の射程が遠く、興味深い。2018/07/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/544359

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。