ハヤカワ文庫<br> ベルガリアード物語〈4〉魔術師の城塞

  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
ベルガリアード物語〈4〉魔術師の城塞

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 566p/高さ 16X11cm
  • 商品コード 9784150201166
  • NDC分類 933

内容説明

邪神トラクの高僧から〈珠〉を奪回する旅の途次、ガリオンはもはや自分が単なる農園の少年ではないことに気づいた。意想外にも彼もまた、ベルガラスやポルガラと同じ摩術師だったのだ!かてて加えて、あろうことかリヴァ王の血を引く唯一の者でさえあった。艱難辛苦の闘いの果て、ようやく〈珠〉を取り戻した今や、ガリオンは〈予言〉どおりにリヴァの王となり、セ・ネドラ王女を妃に迎えようとしていた。だが、真の物語に終わりはなく、また真の平安も許されはしない。〈予言〉はガリオンとその一行に新たな試練の旅を強いるのだった…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Mzo

3
ガリオンがついに戴冠…なのだが、この巻の主人公はセ・ネドラの方か。少女が覚醒し、真のヒロインに。2010/11/23

ruruti

2
最後の戦い前の準備。でも、実は、このシリーズの続編の伏線が...こういうファンタジーの悪と善の戦い、結末は見えていても、ワクワクしながら読んでしまう。 2012/11/30

みっくん

1
読んだのに登録漏れ?セ・ネドラが大活躍の一冊。2019/01/29

よう

1
ガリオンがなんだかんだ言いながら、責任ある新しい立場もそれなりにこなしている様子が驚異的である。それよりなんといっても、4巻はセ・ネドラ覚醒の巻でした。登場したときから可愛かったお姫さまがついに・・・!2010/02/17

sanewo

1
昔読んだ1999/01/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/490644

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。