ハヤカワ文庫
航宙軍提督ハリントン〈下〉―紅の勇者オナー・ハリントン〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 383p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150114114
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

練度不足の麾下艦艇の訓練に励むオナー。そこに、彼女が経営する建設会社が建てた巨大天蓋が倒壊、多数の死者が出たとの報がもたらされた!たちまちオナーは人々の非難にさらされてしまう。だがこの事件は保守勢力の仕組んだテロだった。彼女は部下とともに真相究明にとりかかる。ところが、その折も折、ヘイヴンが大攻勢を開始、グレイソンにも大艦隊が向かっていた!この二重の危機にオナーは敢然と立ち向かうが…。

著者等紹介

ウェーバー,デイヴィッド[ウェーバー,デイヴィッド][Weber,David]
オハイオ州クリーヴランドの出身で、現在はサウスカロライナ州のグリーンズヴィル在住。大学時代の専攻は歴史で、特に軍事史に興味があるという。1990年に、やはりミリタリイSF作家であるスティーヴ・ホワイトとの合作Insurrectionでデビュー。翌1991年にMutineers’ Moonでソロ・デビューを果たす。1993年に発表した『新艦長着任!』は、その魅力的な女艦長、星間宇宙での戦闘の迫真性などでSFファンの心をしっかりとつかんだ。以来書きつがれているこの「オナー・ハリントン」シリーズにより、ミリタリイSFの旗手としての地位を不動のものとしている

矢口悟[ヤグチサトル]
1968年生、1994年東京外国語大学ロシヤ語学科卒、英米文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スターライト

3
ハリントンの活躍は、ミューラー卿の次の独白に要約できるー「あの女は魔王の化身にちがいない!そうでなければ、天蓋の倒壊にみまわれるわ、飛行中に撃墜されたあげくに至近距離から銃撃されるわ、グレイソンの五十傑に入る剣士と刃を交わすわ、イェリツィン星に対する再度の侵攻をもくろむ敵国と戦うわ、そのすべてをきりぬけることができるものか?あいつは人間じゃない!」まさにこれらの災難を、多数の死者を生みながらも切り抜けていく彼女の行動は、ハンパじゃない。敵から魔王の手先と言われても、むべなるかな。2013/08/19

siopop

1
黒澤監督の椿三十郎のラストシーンを彷彿させるような刀による決闘シーンが書かれていました。剣の勝負は一瞬って言うくだりは真実だと思うけど、あまりにもあっさりし過ぎで味気ないです。もう少し丹念な殺陣が見たかったかも。決闘シーンに比較して後半に書かれている艦隊戦の方は素晴らしいです。やはりこの作者はこっちの方が書きたかったのでしょうね~読んでいてわくわくしました。2014/02/27

dahak172291

1
艦隊ものはよいですね。やはりこのテンポがたまらない。相変わらず失うものも大きいです。このころから敵国のキャラに好感を持ち始めました。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/105765

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。