• ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
航宙軍提督ハリントン〈上〉―紅の勇者オナー・ハリントン〈5〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150114107
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

マンティコア航宙軍に半給休職を申し渡されたオナー・ハリントンは友邦グレイソンで領主として暮らしていた。男尊女卑の傾向が強いこの国の保守勢力と対立しながらも彼女は領地経営に手腕を発揮している。そんな折、戦力充実を急ぐグレイソン航宙軍からオナーを提督として迎えたいとの要請が。これを引き受けた彼女は、ついに艦隊を率いることになる。だがその頃、宿敵ヘイヴン人民航宙軍が不穏な動きを見せはじめていた。

著者等紹介

ウェーバー,デイヴィッド[ウェーバー,デイヴィッド][Weber,David]
オハイオ州クリーヴランドの出身で、現在はサウスカロライナ州のグリーンズヴィル在住。大学時代の専攻は歴史で、特に軍事史に興味があるという。1990年に、やはりミリタリイSF作家であるスティーヴ・ホワイトとの合作Insurrectionでデビュー。翌1991年にMutineers’ Moonでソロ・デビューを果たす。1993年に発表した『新艦長着任!』は、その魅力的な女艦長、星間宇宙での戦闘の迫真性などでSFファンの心をしっかりとつかんだ。以来書きつがれているこの「オナー・ハリントン」シリーズにより、ミリタリイSFの旗手としての地位を不動のものとしている

矢口悟[ヤグチサトル]
1968年生、1994年東京外国語大学ロシヤ語学科卒、英米文学翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

siopop

1
長年勤め上げた王国軍から放り出されてしまい、グレイソンの領主としての仕事に精を出す主人公の姿から始まります。 僕としてはもっと積極的な、王国軍人の身分では叶わない方法でのヘイヴンとの戦闘などを期待していたので少し残念ですけど、どうやらグレイソンの提督としての活躍の場が用意されているようなので、下巻に期待!って所でしょうか?それにしても主人公の髪はどんどんと長くなってますね。2014/02/25

dahak172291

1
制服がかわるよー 閑職になるかとおもったらまさかの提督 ニミッツ一族がそれぞれよいです。いいなぁモリネコ

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/109765

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。