女と男の素顔の書石川九楊の臨書入門 - NHK趣味どきっ!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ AB変判/ページ数 145p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784142287116
  • NDC分類 728.07
  • Cコード C9471

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かわうそ

19
書道教室に通っていたことがある。毛筆が好きで、かなり順調に昇級をしていったのだが、もったいないことに「らくがき」と「わるふざけ」を止むに止まれぬお年頃であったこともあり、先生によく怒られていた。結局教室は辞めてしまったのだが、基礎を学べたことはとても良かったと思う。本書に登場する書は、秀吉や細川氏、樋口一葉などそうそうたる顔ぶれの方々のお手紙など、貴重なものばかり。細かく解説がついているが、ぱっと見の感想は「読めん」のみ。しかし、文字を追うのでなく、雰囲気や線と間の美として見るならば、学ぶものが多かった。2015/10/25

Noelle

0
たまたま、Eテレで番組を見て、面白いアプローチが気になり購入。内容的には番組分だけで十分だったけど、せっかくの書をゆっくり眺めるには、やはり紙媒体がありがたい。無理に" 女と男の〜"と謳わなくても、とは思ったが、夫婦、母子、師弟とそれぞれの書の味わいの違い。女手、男手、草仮名、遊ぶ字、書に現れるそれぞれの人となり。古典の書を臨書するのではなく、各時代の個人の手を臨書するなんて、面白いですね。見るだけでなく、臨書することで見えてくるものがあるってことなんでしょうね。やってみようかしら?2016/02/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9859905

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。