NHKテキスト 100分de名著 2021年8月<br> アレクシエーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

NHKテキスト 100分de名著 2021年8月
アレクシエーヴィチ『戦争は女の顔をしていない』

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2021年12月07日 14時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 116p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784142231287
  • NDC分類 028
  • Cコード C9498

出版社内容情報

前線で敵を殺しながら、震え、恋をするソ連従軍女性たちの証言を「生きている文学」として昇華させた本作。ノンフィクション作家として初のノーベル文学賞を受賞し、戦争、差別、自由といった普遍的な問題を提起し続けるアレクシエーヴィチについて、ロシア文学研究者の沼野氏が解説する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

rico

92
本作を読んだときには、ただただ女性たちの証言のすさまじさに圧倒されるだけでしたが、出版当時の政治的・社会的状況を知ると、この作品が世に出た意味を改めて考えます。強圧的な国家権力は、暴力による反抗と同程度に、あるいはそれ以上に、個人的な感情や想いが表に出てくるのを怖れるのかもしれません。それは深く魂に根をおろし、時に大きな物語(例えば祖国を守るために戦うこと)への忠誠を揺るがすものだから。アレクシェーヴィッチは独裁体制を強める故国を離れ、今も戦い続けているとのこと。「小さな物語」の力を信じたいです。2021/09/29

ころこ

39
毎年8月が戦争ものなのは、何ともTV的です。さて、著者が問いかけるのは、これは文学なのだろうか歴史なのだろうかということです。強調されているのは、アレクシェーヴィチが掬い上げた言葉は、オーラルヒストリーの様な名前のある人のしっかりした証言ではないということです。証言も度々変わったり、大事な部分が聞けるまで時間を掛けて粘ったり、得られた証言が論理的でなかったりします。しかし、そういった揺らぎの中に言葉にならない言葉があり、男性が語る「大文字の歴史」には無い、女性の語りの中に新しい表現を発見します。2021/08/01

かふ

26
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチは、父はベラルーシ人、母はウクライナ人。そして、ロシア語で執筆する彼女は、2015年ノーベル文学賞を受賞。しかし彼女はベラルーシ政権から反体制作家として弾圧されています。彼女がノーベル文学賞に選ばれたのはその著作が「ポリフォニック」で「人間の声のコラージュ」だからというもの。大きな物語の国家の歴史観に対する個人の声の小さな物語の集積としての文学。今、文学の世界で注目されている「聞き書き」は日本でも『苦海浄土』石牟礼道子や『ブルースだってただの唄』藤本和子がいる。2021/08/31

すたんど(Showji)

26
【1回目】この重要な作品の存在を、知らずに過ごしていたことを不思議に感じた。番組で取り上がられることで目に止まったのは、幸いだったと思う。様々なキーワードが去来するが、ここで一つ挙げるなら「記憶」にしておこうか。つまり、人が「生きてきた」という事実に、どう向き合うのかということを問うているのではないかと感じている。戦争のような簡単には共有できない体験を、体験したがゆえに生きていけるのか、体験してもなお生きていけるのか。男性性がつきまとう「大きな物語」を突き抜けて語り、聴くということの試みがそこにあった。2021/08/10

兵士O

18
最初に個人的なことを書きます。以前、僕はとある同人誌を主宰していたのですが、その作品に口出ししてくる年配の男性がいたんです。政治的な(と彼が思う)作品に口出ししてきて、これは公の場では不適当だ、などと言ってきて、この本の旧版じゃないけど、泣く泣く差し替えたり、掲載を断念したりしたんです。それは僕にアレクシエーヴィチさんみたいな勇気と気概がなかったからなんですが、本当に伝えたいことを人々に話せる社会って当たり前に思えることですが、案外難しいことだと思います。この本はそういう波紋を僕の心に投げかけてきました。2021/08/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18159897

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。