NHKテキスト 100分de名著 2017年9月
全体主義の起原 - 不安が求める強い「しるべ」

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 109p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784142230785
  • NDC分類 311.8
  • Cコード C9498

出版社内容情報


悪は凡庸さのなかにある

ナチス・ドイツによるユダヤ人問題の「最終解決」。それはある時期のある地域に特有の問題だったのか? それとも──。ナチスの迫害を逃れた一人のユダヤ系ドイツ人の著書を通して、排外主義的な思潮や強権的な政治手法が再び現れつつある今、「人間にとって悪とは何か」「悪を避けるために私たちはどうすべきか」を考える。

目次
【はじめに】 今なぜアーレントを読むか
第1回 異分子排除のメカニズム
第2回 帝国主義が生んだ「人種思想」
第3回 「世界観」が大衆を動員する
第4回 悪は「陳腐」である


講師情報
仲正昌樹 (ナカマサマサキ )講師

金沢大学法学類教授
1963年広島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了(学術博士)。専門は法哲学、政治思想史、ドイツ文学。古典を分かりやすく読み解くことで定評があり、近年は演劇などを通じた思想の紹介にも取り組む。著書は『今こそルソーを読み直す』(NHK出版生活人新書)、『集中講義! 日本の現代思想』『集中講義! アメリカ現代思想』(以上、NHKブックス)、『今こそアーレントを読み直す』(講談社現代新書)、『ハンナ・アーレント「人間の条件」入門講義』(作品社)、『教養としてのゲーテ入門─「ウェルテルの悩み」から「ファウスト」まで─』(新潮社)など多数、訳書に『完訳 カント政治哲学講義録』(ハンナ・アーレント著、ロナルド・ベイナー編/明月堂書店)などがある。