NHKブックス<br> マルクス思想の核心―21世紀の社会理論のために

個数:
電子版価格 ¥1,285
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
マルクス思想の核心―21世紀の社会理論のために

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 09時33分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 285p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140912379
  • NDC分類 331.6

内容説明

二十世紀に「死んだ」と言われたマルクス思想が注目されている。資本がすべてに優越する状況が、十九世紀と似てきているからだ。しかし富の分配や「格差」の是正は、本質的な問題ではない。それよりも、富とは何か、それはどのように生み出されるのか、どのような形で蓄積されるのかを探究したのがマルクスだった。賃金労働は生物としての人間の本質を損なう性質を持つとして資本主義の問題点を鋭く見抜いたマルクスの視点を踏まえ、国際資本が国家から個人までも翻弄する現状を打破するための条件を提示する。仕事に追われるすべての給与生活者、必読!

目次

第1章 マルクスはいかに受容されてきたか―四つの断面
第2章 現代資本主義の危機
第3章 近代社会哲学の出発点
第4章 自由主義批判と疎外論
第5章 賃金労働の本質
第6章 実体論から関係論へ
第7章 現代社会理論の条件

著者紹介

鈴木直[スズキタダシ]
1949年、東京生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業、同大学院比較文学比較文化博士課程退学、東京経済大学経済学部教授(社会思想史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件