NHKブックス<br> 図説 日本のメディア

個数:

NHKブックス
図説 日本のメディア

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 301p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911969
  • NDC分類 361.45

内容説明

インターネットの普及でマスメディア業界は一変した。新聞記事が無料で読まれ、テレビ番組がYouTubeに上げられ、情報誌は廃刊し、マス広告はターゲットを見失う。マスメディアの“衰退”はどう進んでいるのか?あらゆる局面で従来の「送り手/受け手」構図を変えつつあるソーシャルメディアの強みと弱みは何か?データにこだわり続けてきた定番のハンドブックが内容を一新し、戦後からのメディア状況の変遷をふまえながら、変動著しい現状を冷静に分析して将来を展望する。

目次

第1部 情報の組織的伝達と拡散(新聞;放送;出版;映像・音楽;インターネット;広告)
第2部 情報の取得・利用・発信・交換・共有(情報の取得・利用;情報の発信・交換・共有)

著者紹介

藤竹暁[フジタケアキラ]
1933年生まれ。学習院大学政経学部卒業。東京大学大学院社会学専門課程博士課程修了。社会学博士。NHK放送文化研究所主任研究員、学習院大学教授を経て、学習院大学名誉教授。専攻はコミュニケーションの社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)