NHKブックス
クジラは海の資源か神獣か

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 205p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911723
  • NDC分類 489.6
  • Cコード C1345

内容説明

クジラは寝るのか、クジラの故郷はどこにあるのか、クジラにはどの程度の知能と知性があるのか、なぜ集団座礁するのか、そもそも何種・何頭存在しているのか。まだまだ謎の多いクジラの生態を、わかっていることとわかっていないことを明らかにしつつ説き起こす。なぜクジラがここまで神格化して語られるのかや、環境保護団体との戦いの日々など、南極海での調査捕鯨に調査船団長として携わる著者にしか語れない、クジラ問題の本質。

目次

はじめに 鯨は増えているのか、減っているのか?
第1章 鯨は海の哺乳類
第2章 水中に適応した鯨
第3章 鯨だって、食べて寝る
第4章 旅をする鯨
第5章 歌う鯨、吠える鯨
第6章 自殺する鯨―ストランディングという現象
第7章 神の獣か宇宙からの使者か―J・C・リリーの功罪
第8章 イマドキの捕鯨論争
第9章 戦う調査団長―日本の南極海鯨類捕獲調査と反捕鯨団体の妨害

著者紹介

石川創[イシカワハジメ]
1960年生まれ。日本獣医畜産大学(現、日本獣医生命科学大学)獣医学科修士課程修了。水族館勤務を経て、現在、日本鯨類研究所調査部次長。獣医師。南極海、北西太平洋の鯨類捕獲調査で調査団長を務める。南極海では13回を越える航海経験をもつ。捕鯨における動物福祉、鯨類のストランディング(座礁)を専門とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)