NHKブックス<br> 新版 データで読む家族問題 (新版)

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
新版 データで読む家族問題 (新版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月04日 11時18分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911259
  • NDC分類 367.3

内容説明

非婚時代の到来と世界一となった少子・高齢化、若者の就職難と雇用の流動化…。先の見えない時代に、世帯の規模が縮小する一方で、伝統的な三世代世帯は地方を中心に依然として残り、家族の紐帯や安らぎを希求する割合が高まりを見せる。転換期を迎えた日本の家族はどこへ向かうのか?最新の統計データと豊富な図表を駆使し、一〇〇余りの項目から家族が抱える諸問題を検討し、変化の様相とその要因に迫る、注目の一書。

目次

第1部 家族の全体像(小さくなる家族;生活時間;家庭の経済;食物と家族;住まいと環境;職業と家族;都市家族の特性;葬儀とお墓;家庭と情報)
第2部 結婚と夫婦(配偶者の決め方;結婚の動向;夫婦の関係;共働き家族;妊娠と出産)
第3部 親子と老人(児童と親;若者と親;若者の生き方・母子家庭・父子家庭;養子と里子;高齢者と家族;高齢者の介護;病気と自殺)
第4部 問題を持つ家族(離婚の動向;離婚にともなう問題;家庭内の問題行動;家庭裁判所にみる家族問題;社会福祉と家族;家族への不安と期待)

著者紹介

湯沢雍彦[ユザワヤスヒコ]
1930年、東京生まれ。東京都立大学人文学部社会学科卒業。同法学科卒業。東京家庭裁判所調査官、お茶の水女子大学教授を経て、お茶の水女子大学名誉教授。専攻は家族関係学・法社会学

宮本みち子[ミヤモトミチコ]
1947年、長野生まれ。東京教育大学(現・筑波大学)文学部経済学専攻卒業。同社会学専攻卒業。お茶の水女子大学大学院家政学研究科修士課程修了。社会学博士。千葉大学教授を経て、放送大学教養学部教授。専攻は社会学、生活経営学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)