• ポイントキャンペーン

NHKブックス
欲望としての他者救済

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 254p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140911211
  • NDC分類 369

内容説明

わたしたちは日々、さまざまな場面で他者へ手を差しのベようとする。お年寄りに席を譲り、災害救援のボランティアに出かけ、発展途上国へ井戸を掘りに行くこともある。このように自分の利益や資産、時間を消費してまで他者を救済することにどのような理由付けが可能なのだろうか。ホッブズ、ルソー、ヘーゲルらの哲学・思想を援用しつつ、自身も在日韓国人政治犯救援運動に関わった経験を踏まえ、人権論の立場から、ひとつの方向性を提示しようという試み。救済に逡巡するすべての人を力づける一書。

目次

序章 なぜ君は手を差しのべるのか
第1章 わたしと他者救済
第2章 響きあいの他者救済
第3章 義務としての他者救済
第4章 欲望としての他者救済
終章 他者救済の思索の終わりに

著者紹介

金泰明[キムテミョン]
1952年大阪市生まれ。在日韓国人政治犯を救援する家族・僑胞の会事務局長(1976年~90年)、在日韓国民主人権協議会共同代表(1990年~95年)を経て、明治学院大学大学院国際学研究科で近代哲学と現象学を学ぶ。国際学博士。英国エセックス大学大学院人権理論実践コースで哲学・倫理学・政治学を学び、M.A.を取得。現在、大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター教授。専攻は、人権学(マイノリティの権利論、共生社会論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)