• ポイントキャンペーン

NHKブックス
“性”と日本語―ことばがつくる女と男

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910962
  • NDC分類 810.4

内容説明

「おれ/あたし/ぼく」などの自称詞から「~ぜ/よ/だ」の文末詞まで、日本語には性が刻まれている。一見、自然な言葉づかいに思える「女/男ことば」が、性についての規範と結びついてきたことを歴史的に示し、ファッション誌のコピーや翻訳小説の文体などにも、性の刻印が時代変化に即して捺されていることを、明らかにする。「乱れ」を批判される若者たちなどの“ずれた言語行為”に、多様な自分らしさを表現するための創造的な試みを見いだし、開かれた日本語の伝統づくりへの道筋を示す、野心的日本語論。

目次

1 「わたし」はことばでつくられる(ことばとアイデンティティ;「翻訳」のことばを読む―再生産される言語資源)
2 日本語に刻まれた“性”(セクシュアリティと日本語;変わりゆく異性愛のことば―「スパムメール」「スポーツ新聞」「恋愛小説」)
3 創造する言語行為(なぜ少女は自分を「ぼく」と呼ぶのか;欲望を創造する―消費社会と“性”)
「日本語=伝統」観の閉塞を超える

著者紹介

中村桃子[ナカムラモモコ]
1955年東京都生まれ。上智大学大学院外国語学研究科言語学専攻博士課程前期修了。関東学院大学助教授、ブリティッシュコロンビア州立大学客員研究員などを経て、関東学院大学教授。専攻は言語学。メディア論的な視点も踏まえながら、言語とジェンダーのかかわりをさぐる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)