NHKブックス<br> ウェブ社会の思想―“遍在する私”をどう生きるか

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
ウェブ社会の思想―“遍在する私”をどう生きるか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月03日 14時09分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910849
  • NDC分類 007.3

内容説明

「ユビキタス」「ウェブ2・0」「ネットビジネス」…華々しい流行語の陰で何が起きているのか。蓄積された個人情報をもとに、各人の選ぶべき未来が宿命的に提示される。カスタマイズされた情報が氾濫する中で、人は自らの狭い関心に篭もり、他者との連帯も潰えていく。共同性なき未来に、民主主義はどのような形で可能なのか。情報社会の生のゆくえに鋭く迫り、宿命に彩られた時代の希望を探る、著者渾身の一冊。

目次

ウェブ社会の「思想」と「宿命」
1 「人間」―宿命に彩られる生(ユビキタス―個人情報管理型の社会;バーチャル―越境する電子マネー;記憶と記録―データ化される「わたし」;宿命と成長(1)―島宇宙の外を生きられるか)
2 「社会」―民主主義の困難を超えて(共同性とマスメディア―「偏向報道」批判の背景;民主主義―グーグルが描く未来像;宿命と成長(2)―関係へと開かれる生)

著者紹介

鈴木謙介[スズキケンスケ]
1976年、福岡県生まれ。東京都立大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得退学。現在、国際大学GLOCOM研究員。専攻は、理論社会学。2006年より「文化系トークラジオ Life」(TBSラジオ)のパーソナリティーを務めるなど、多方面に活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)