NHKブックス<br> 不登校という生き方―教育の多様化と子どもの権利

個数:
  • ポイントキャンペーン

NHKブックス
不登校という生き方―教育の多様化と子どもの権利

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月07日 01時33分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910375
  • NDC分類 371.45

内容説明

いじめ、ひきこもり、不登校…学校現場は悲鳴を上げている。一斉指導や点数競争を強いる学校の枠が、子どもの個性やニーズに合わなくなっているのだ。また、自由学習を合法とする世界的潮流からも、子どもの人格尊重の点からも、不登校の容認は不可避である。無限の可能性に充ちた子ども達の輝きを取り戻すために、フリースクールやホームエデュケーションなど学校外の多様な学習の場が今、求められている。二〇年のフリースクールの実践を踏まえた教育提言の書。

目次

第1章 不登校はなぜ起きるのか
第2章 学校以外の道はあるか
第3章 不登校の子どもの自立
第4章 わが国の不登校を振り返る
第5章 静かな、しかし着実な動き
終章 どうすれば解決できるのか―まなざしの転換を求めて

著者紹介

奥地圭子[オクチケイコ]
1941年、東京に生まれ。広島に育つ。横浜国立大学学芸学部卒業後、1963年より22年間、公立小学校教師。1985年退職し、東京シューレを開設、主宰する。現在、NPO法人東京シューレ理事長、登校拒否を考える全国ネットワーク代表、NPO法人フリースクール全国ネットワーク代表理事、全国不登校新聞社理事