• ポイントキャンペーン

NHKブックス
黒曜石 3万年の旅

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 236p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140910153
  • NDC分類 210.2

内容説明

火山活動によって生成された天然ガラスである黒曜石は打ち欠くと鋭利な剥片となり、細石刃として、鏃や石斧、石匙などの利器として、利用された。狩猟・採集をなりわいとする人々が、いかに黒曜石を求めてきたのか。遠い原石産地から山野を越えて、またあるものは海峡を超えていることがわかった。黒曜石のたどった道と人類の生活の軌跡をさぐる。

目次

第1章 信州の黒曜石を追って
第2章 耀く石への探究
第3章 日本列島の黒曜石
第4章 石器製作の起源
第5章 縄文の資源開発
第6章 黒い瞳の巨像

著者紹介

堤隆[ツツミタカシ]
1962年生まれ。東海大学文学部卒業。国学院大学大学院博士課程後期修了。博士(歴史学)。現在、長野県浅間縄文ミュージアム学芸員。八ヶ岳旧石器研究グループ代表。専攻は先史考古学。1992年、在野の考古学研究者に贈られる藤森栄一賞を受賞