NHK出版新書<br> デジタル・ファシズム―日本の資産と主権が消える

個数:
電子版価格 ¥968
  • 電書あり

NHK出版新書
デジタル・ファシズム―日本の資産と主権が消える

  • ウェブストアに97冊在庫がございます。(2022年05月21日 23時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 288p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140886557
  • NDC分類 302.1
  • Cコード C0236

出版社内容情報

街も給与も教育も、米中の支配下に!?

コロナ禍の裏で、デジタル改革という名のもとに恐るべき「売国ビジネス」が進んでいるのをご存じだろうか?
アマゾン、グーグル、ファーウェイをはじめ米中巨大テック資本が、行政、金融、教育という、日本の“心臓部”を狙っている。
デジタル庁、スーパーシティ、キャッシュレス化、オンライン教育、マイナンバー……
そこから浮かび上がるのは、日本が丸ごと外資に支配されるXデーが、刻々と近づいている現実だ。
果たして私たちは「今だけ金だけ自分だけ」のこの強欲ゲームから抜け出すことができるのか?
20万部超のベストセラー『日本が売られる』から3年。
気鋭の国際ジャーナリストが、緻密な取材と膨大な資料をもとに暴く、「日本デジタル化計画」の恐るべき裏側!

内容説明

行政、金融、教育。国の心臓部である日本の公共システムが、今まさに海外資本から狙われていることをご存知だろうか?コロナ禍で進むデジタル改革によって規制緩和され、米中をはじめとする巨大資本が日本に参入し放題。スーパーシティ、デジタル給与、オンライン教育…いったい今、日本で何が起きているのか?気鋭の国際ジャーナリストが緻密な取材と膨大な資料をもとに明かす、「日本デジタル化計画」驚きの裏側!

目次

第1部 政府が狙われる(最高権力と利権の館「デジタル庁」;「スーパーシティ」の主権は誰に?;デジタル政府に必要なたった一つのこと)
第2部 マネーが狙われる(本当は怖いスマホ決済;熾烈なデジタルマネー戦争;お金の主権を手放すな)
第3部 教育が狙われる(グーグルが教室に来る!?;オンライン教育というドル箱;教科書のない学校)

著者等紹介

堤未果[ツツミミカ]
国際ジャーナリスト。東京生まれ。ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒、ニューヨーク市立大学大学院国際関係論学科修士号。国連、米国野村證券などを経て現職。『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で黒田清・日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞。『ルポ貧困大国アメリカ』で日本エッセイストクラブ賞、中央公論新書大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

遥かなる想い

118
2022年新書大賞第4位。 デジタル時代に潜む海外の脅威を描く。 キャッシュレス化が進む韓国・中国を事例に、 デジタル化のリスクを語る…便利さと セキュリティとが 天秤にかけられる時代に どう生きるのか?技術の進化が世界を変える… そのことを実感する本だった。2022/04/14

trazom

112
「政府」「マネー」「教育」の三つの分野について、海外のデジタル化の事例(特に負の側面)が紹介され、盲従しようとする日本の危うさが浮き彫りになる。デジタル化すればバラ色の将来が来るとする単純な礼賛論にあえて警鐘を鳴らす趣旨は納得するが、一方、新自由主義とデジタル化を混淆したような著者の主張にも疑義は残る。ただ、ビッグテック企業主導のデジタル化の流れが、世の中から「公共」という概念を喪失させ、人間の分断につながりかねないという指摘はその通りだと思う。私は、特に「教育のデジタル化」に対して強い警戒感を覚える。2021/10/25

Lara

103
スマートシティ計画、キャッシュレス化、教育産業のデジタル化、読み進める内に、気分が悪くなった。行政も公務員を減らし、5Gを軸に民間のAIに任せる。どれもこれも「今だけ金だけ自分だけ」の強欲資本主義がもたらす。なんだか暗い未来を描いてしまったが、最後に著者の堤未果氏からは、これで良いわけないですよね、と言う思いがひしひしと伝わって来る。手書きのメモ、紙の新聞、紙の本、生身の人間同士の付き合い、それらが、いかに人間の成長にとって、大切で不可欠なものかを気づかせてくれた。2021/10/07

rico

89
著者の立ち位置を考慮し若干引き気味に読んではみたものの、やっぱり滅入る。巨大プラットフォーマーを使い倒し、デジタルの海をかろやかにわたっていくデジタルネイティブに羨望を感じつつ、処理しきれない膨大な情報に溺れるのが怖くてガラパゴスを決め込んでも、スマホの位置情報や電子マネーの利用状況で行動履歴は丸裸だし、ネット閲覧履歴で関心事や思考もだだもれだし。その危うさを理解しても距離を置くのは難しい。割り切って「便利」や「お得」を享受するしかないのか。それにしてもGAFA、そんなに儲けてどうするのだろう・・・・2022/04/16

読特

71
スーパーシティ、キャッシュレス決済、ギガスクール・・。デジタルの利便性の奥側から顔のない支配者が覗いている。提供した個人情報は本当に漏れないのか。セキュリティは確保されているか。サーバは国内にあるのか。もしものときに調査はしてくれるのか。記憶させずに検索で答えを出す教育。思考力は育つのか。知らず知らずに導かれていないか、社会を破滅させてしまう何かに、「今だけ金だけ自分だけ」の誰かに。頼り過ぎてはいけない。委ね過ぎてはいけない。ドル覇権が崩れたとき世界の秩序は変わる。忍び寄るファシズム。抗うのは今だからこそ2022/01/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17978287

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。