NHK出版新書<br> なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか―パンと日本人の150年

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

NHK出版新書
なぜ日本のフランスパンは世界一になったのか―パンと日本人の150年

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年10月24日 12時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140885017
  • NDC分類 383.8
  • Cコード C0277

内容説明

米を主食としてきた日本で、空前の「パンブーム」が起きている。日本人お得意の「和洋折衷」力で世界をうならせるほど一大進化を遂げたパン文化。SNSに料理写真が躍り、食マニアが増えた現代だからこそ、百五十年の歴史が生み出した到達点を振り返ることに大きな意味があるだろう。おなかがすくこと必至!パンだけでなく、「食」にまつわる現代の動きがわかる一冊である。

目次

第1章 日本人はパンが好き?
第2章 歴史を変えたパン焼き人たち
第3章 カレーパンは丼である
第4章 西洋のパン食文化
第5章 フランスパン時代の幕開け
第6章 ホームメイドのパン
第7章 私たちの主食文化

著者等紹介

阿古真理[アコマリ]
1968年兵庫県生まれ。作家・生活史研究家。神戸女学院大学卒。食や暮らし、写真、女性の生き方などをテーマに執筆(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

柔らかい食感を好んできた日本人が本格的なフランスパンを作れるようになった背景には、「和洋折衷」力、技術革新、「食卓の革命」があった。日本独自のパン文化と、先人たちの苦闘の歴史をひもとく。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件