NHK出版新書<br> はじめての宗教論〈左巻〉ナショナリズムと神学

個数:

NHK出版新書
はじめての宗教論〈左巻〉ナショナリズムと神学

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2021年09月27日 14時13分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 259p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140883365
  • NDC分類 160.4
  • Cコード C0214

出版社内容情報

神学は人生を変える。究極の入門書!

宗教はなぜナショナリズムと結びつくのか?ナショナリズムの歪みから生じた現下21世紀の様々な困難に、どう対峙するか? キリスト教神学の基本を明快に解説し、宗教の変貌とともに生じた人間の自己絶対化の果てに、戦争の世紀が訪れたことを鋭く読み解く。危機の時代を生き抜くための知的体力が身につく実践的宗教論!

内容説明

宗教はなぜナショナリズムと結びつくのか?近代とともに宗教はどう変わったのか?ナショナリズムの歪みから生じた現下21世紀の様々な困難に、どう対峙するか?キリスト教神学の基本を明快に解説し、宗教の変貌とともに生じた人間の自己絶対化の果てに、戦争の世紀が訪れたことを鋭く読み解く。危機の時代を生き抜くための知的体力が身につく実践的宗教論、待望の続編。

目次

序章 キリスト教神学は役に立つ―危機の時代を見通す知
第1章 近代とともにキリスト教はどう変わったのか?第2章 宗教はなぜナショナリズムと結びつくのか?第3章 キリスト教神学入門1―知の全体像をつかむために
第4章 キリスト教神学入門2―近代の内在的論理を読みとく
第5章 宗教は「戦争の世紀」にどう対峙したのか?
第6章 神は悪に責任があるのか?―危機の時代の倫理

著者等紹介

佐藤優[サトウマサル]
1960年、東京都生まれ。同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。作家・元外務省主任分析官。外交官を務めるかたわら、モスクワ国立大学哲学部、東京大学教養学部で教鞭をとる。著書に『国家の罠』(新潮社、毎日出版文化賞特別賞)『自壊する帝国』(新潮社、大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Gatsby

17
神学というと、私にとってはかなり縁遠い学問だったが、佐藤氏の著作を読むことで少し興味を持てるようになった。本書は右巻に続く『はじめての宗教論』の続編であり、シュライエルマッハーをキーパーソンに宗教の考え方を通して現代の問題を考察できるように書かれている。内容的に難解なものもあるが、前の章のまとめや復習にもページが割かれ、親切な書かれ方がされている。佐藤氏の本は、一貫して難解な思想を難しく紹介するのではなく、現代の諸問題を考えるときに、どう応用できるかを説いている。知的好奇心を満たしてくれる本である。2011/07/30

さえきかずひこ

7
シュライエルマッハーについての話は分かりやすくはないが、キリスト教が救済宗教だということはくりかえし述べられるので、そうなんだなーと思った。2014/03/03

Miyako Hongo

7
今日のキリスト教のトレンドの紹介。がメインの内容。神なき時代にキリスト教の意義を問う神学者のプロジェクトX本、ではない。二度の大戦で戦争やむなしヒトラー万歳的な主張をしちまった神学者の著作を引きながら、神学の危うさを語る感じ。 キリスト教に興味ない人だとこっちの巻は読むの辛いと思う(私が読むのは筆者のミーハーだから。ホモ臭いんだよ、この人の行動原理は)。 個人的には『読者は原著者以上にテキストを解釈する権利がある』って哲学者の言が印象的。これ、まんまオタクの主張なんだけどなー。2014/02/16

Megumi Odajima

6
右巻より断然難しい!プロテスタントの始まりが神がかりな理由(逐語霊感説・十全霊感説)、道徳的に正しいことは宗教とは関係ないというあたり、つい米国を念頭に読んでしまった。地動説によって神は空の上にいないことが発見された揺らぎを、シュライエルマッハーが心の中にいるのだとうまいこと転換、と思ったらバルトによって神は見えない世界にいると先祖がえりしてみたり、・・時代とともに進化するという言い方もできる。けれども信者じゃない者から見てるとどうにも苦しい。が、グローバルな時代、宗教の知識は常識。他宗教も読まなきゃね。2014/05/11

デコボコ

6
キリスト教徒でない方にはオススメしません。読んで損はないですが。2014/03/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1902414

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。