• ポイントキャンペーン

生活人新書
安心して絶望できる人生

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 246p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784140881996
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0236

内容説明

北海道にある浦河べてるの家。統合失調症などを抱える人たちが暮らす共同体だ。最近べてるの家では、自分の病気を自分で研究する「当事者研究」が盛ん。「幻聴さん」と一緒に暮らし思いが極まれば「爆発」する。そんな自分を「研究」してみると、いつもの苦労や絶望のお蔭で、何だか自分の助け方がわかるように思えるから不思議だね。弱いから虚しいから、絶望の裏返しの希望を見晴かせる。逆転の人生哲学の「爆発」だ。

目次

第1部 自分自身で、共に―弱さを絆に、苦労を取り戻す(「当事者研究」までのプロローグ;べてるの家の「当事者研究」)
第2部 「弱さの情報公開」をはじめよう―「当事者研究」の実際(「べてるウイルス感染症候群の研究」;「“劇場型”統合失調症の研究」;「“人格障害”の研究その一」;「“人格障害”の研究その二 見捨てられ不安の研究」;「人間アレルギー症候群の研究」;「“サトラレ”の研究」;「起業の研究」;「救急車の乗り方の研究」;「どうにも止まらない涙の研究」)
第3部 苦労や悩みが人をつなげる―座談会「私たちにとっての当事者研究」

著者等紹介

向谷地生良[ムカイヤチイクヨシ]
ソーシャルワーカー。北海道医療大学看護福祉学部臨床福祉学科教授。1984年に有志と共に浦河べてるの家を設立。以来、精神障害を抱えた人たちと会社や共同住居などをつくり、「弱さを絆に」「精神病で街おこし」を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。