NHK「100分de名著」ブックス<br> 内村鑑三 代表的日本人―永遠の今を生きる者たち

個数:
電子版価格 ¥935
  • 電書あり

NHK「100分de名著」ブックス
内村鑑三 代表的日本人―永遠の今を生きる者たち

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年10月24日 07時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140817247
  • NDC分類 281
  • Cコード C0090

出版社内容情報

西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮。無関係にも見える五人の生涯は、内村のなかでどうつながっているのか?「無批判な忠誠心や血なまぐさい愛国心」とは異なる日本人のあるべき姿を解き明かす。

内容説明

日本は、その歴史に独自の「代表的」人物を有している―。新渡戸稲造『武士道』、岡倉天心『茶の本』とともに、日本人の精神性を世界に向けて発信した名著のひとつが『代表的日本人』である。西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮という五人の生涯を通して、内村鑑三はみずからの精神的自叙伝を書いた。講演録『後世への最大遺物』にも触れながら、生きがいなき現代を生きる意味を提示し、迷える魂を救済する一冊。

目次

内村鑑三とは誰か
第1章 無私は天に通じる
第2章 試練は人生からの問いである
第3章 考えることと信ずること
第4章 後世に何を遺すべきか
ブックス特別章 言葉という遺物
読書案内

著者等紹介

若松英輔[ワカマツエイスケ]
1968年新潟県生まれ。批評家・随筆家。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」にて第14回三田文学新人賞評論部門当選。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

すたんど(Showji)

33
【1回目】原著を読んだ際は、「東洋(日本)にも、西洋と比肩しうる有徳の人物がいる」ことを紹介したものであったと思っていた。しかし本書ではここでの5人(※)を、「天に則して生きた『無私』の人」として、「天」を媒介に、東洋と西洋とを架橋しようとした試みでもあったことがわかった。若松さんの著作はこれで数冊めかだが、そのいずれもが個を超越した「大いなるもの」や「死者」からの呼びかけを「待つ」という態度が重要であると論じられているように思う。ぜひ読んでほしい1冊です。2018/07/24

壱萬弐仟縁冊

32
西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮(007頁)。この5人のうち、後ろの3人はしっかりと覚えておきたい。分度と推譲、孝と良知、立正安国論と四箇格言。中江藤樹のキーワードを思い出せなかった。あかん。『代表的日本人』は良書ゆえ、読まれることで豊かになっていく。読者とともに育ち、読者によって完成(009頁)。『代表的日本人』原型が“Japan and the Japanese”とのこと(014頁)。2021/05/14

naoudo

20
西郷隆盛、上杉鷹山、二宮尊徳、中江藤樹、日蓮の生涯を通して、内村鑑三は自らの精神的自叙伝を書いた。人は「天」に導かれるとき、どのように人生を切り拓き、苦悩や試練と向き合うことができるのか。内村は「私はこう感じた、私はこう苦しんだ、私はこう喜んだ」ということを「私」を中心とした世界ではなく、「天」「仏」「神」、すなわち人間を超えた大いなるものを中軸にそれとの交わりのなかで「ありのまま」に語った。それが内村にとっての真の意味における「文学」だった。「文学者」は、言葉によって、この世界の意味を語ろうとする人。2018/05/11

nbhd

14
【内村鑑三の宗教観】宗教は人間の最大の関心事であります。正確に言うならば、宗教のない人間は考えられません。私どもは、自分の能力をはるかにこえる願いごとをもち、世の与えうるよりも、はるかに多くのものを望むという、妙な存在なのです。この矛盾を取り除くためには、行動はともかく、少なくとも思想の面でなにかをしなければなりません。/人間の宗教は、人生の人間自身による解釈であります。人生になんらかの解釈を与えることは、このたたかいの世に安心して生活するためには、ぜひとも必要なものです。2019/06/16

アポトキシン

12
個人的には今まで読んだ本の中で3本の指に入るほど面白かったし、為になる本だった。内村鑑三が尊敬する5人の『代表的日本人』の中で、上杉鷹山の章が印象に残った。自分の弱さや欠点を認めて他人に助けを求めることは謙遜に繋がるということを知り、納得させられた。一番良かったのは最終章で、物を書くときに、捻った言い回しよりも内なる自己をありのままに書くことが重要だと分かった。飾らない自分でいいんだと分かり、胸のつかえが減った気がした。2019/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12370762

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。