NHKブックス
昏睡状態の人と対話する―プロセス指向心理学の新たな試み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 226p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784140019429
  • NDC分類 490.14
  • Cコード C1311

内容説明

著者のミンデル氏は、昏睡状態の人と対話するという信じられないことを可能にした。忍耐強い働きかけを行っていくと、クライアントは筋肉の一部の動きや言葉の応答によって、死にたいか、生きたいかの意思表示や未解決の愛のテーマなどを完了することができる。そして生と死にまつわる観念を乗りこえていく。ユング派のセラピストが、数多くの臨床例から、死に瀕した人の微細なメッセージを聞きとる方法や、生の深い意味を明かす待望の翻訳書。

目次

第1部 人生への鍵(大きな船;橋を渡って;死の宣告;昏睡状態と再生;ビンの中のスピリット;死とはなんだろうか?)
第2部 理論と実際のトレーニング(変性意識状態と昏睡状態;コーマワーク;コーマとシャーマン的体験;ドリームボディと神話的身体;永遠の自己;脳死と死の倫理学)

著者紹介

ミンデル,アーノルド[ミンデル,アーノルド][Mindell,Arnold]
1940年生まれ。ユニオン大学院PhD.(臨床心理学)。プロセスワークの創始者。ユング派分析家

藤見幸雄[フジミユキオ]
1961年生まれ。ニューヨーク州立大学人類学部卒。米国トランスパーソナル心理学研究所修士課程修了。認定プロセスワーカー(Diploma)、臨床心理士、千葉大学、大阪大学講師

伊藤雄二郎[イトウユウジロウ]
1960年生まれ。米国トランスパーソナル心理学研究所修士課程修了。サイコシンセシス、プロセス指向心理学などを学ぶ。現在、セラピスト