非常時のモダニズム―1930年代帝国日本の美術

個数:

非常時のモダニズム―1930年代帝国日本の美術

  • ウェブストアに12冊在庫がございます。(2017年05月24日 17時58分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 576p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130860529
  • NDC分類 702.16

目次

第1部 帝国の美術戦略(もうひとつの「日本美術年鑑」と対外文化宣伝―The Year Book of Japanese Art(『英文日本美術年鑑』)について
美の聖域と競技場―一九三六年ベルリン・オリンピック美術展について
日中戦争期における雲岡石窟と日本人美術家―柳瀬正夢と長谷川三郎を中心に)
第2部 越境するモダニスト(シベリア横断の画家と小説家によるパリ美術生活案内―島村三七雄と林芙美子;モダニズムの展示―巴里新興美術展をめぐって;岡本太郎とスイス・コネクション―ネオ=コンクレティスムと一九三〇年代の「総合」の芸術;セリグマン来日と日本の「前衛」―長谷川三郎と瑛九)
第3部 帝都の展示空間―上野恩賜公園とモダン銀座街頭(近代美術館から現代美術館へ―美術館建築と「現代美術」;一九三〇年代東京における「街頭展」とモダニズムの新拠点―「ブリュッケ」と「日本サロン」について;アマチュア写真から写真壁画まで―板垣鷹穂と写真展月評という舞台:『アサヒカメラ』一九三三~一九四二)

著者紹介

五十殿利治[オムカトシハル]
1951年生まれ。1978年早稲田大学大学院後期課程中退、北海道立近代美術館学芸員、筑波大学講師を経て、筑波大学芸術系教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

統制下で、スイスとの交流を深めた岡本太郎、新たな展示場となった銀座の画廊…帝国日本の美術現象と「冷たいモダニズム」を描く。昭和恐慌に揺れ,「非常時」が通奏低音のように鳴り響いた1930年代.日本の前衛芸術はいかなる様相を呈したのか.統制の下で国境を超え,スイス人芸術家との交流を深めた岡本太郎,新たな展示の場となった銀座の画廊…帝国日本の美術現象を丹念に跡付け,「冷たいモダニズム」の姿を描き出す.

序 章

 

第一部 帝国の美術戦略

第一章 もうひとつの「日本美術年鑑」と対外文化宣伝――The Year Book of Japanese Art( 『英文日本美術年鑑』)について



第二章 美の聖域と競技場(アリーナ)―― 一九三六年ベルリン・オリンピック美術展について  

第三章 日中戦争期における雲岡石窟と日本人美術家――柳瀬正夢と長谷川三郎を中心に



第二部 越境するモダニスト

第四章 シベリア横断の画家と小説家によるパリ美術生活案内――島村三七雄と林芙美子

第五章 モダニズムの展示――巴里新興美術展をめぐって

第六章  岡本太郎とスイス・コネクション――ネオ=コンクレティスムと一九三〇年代の「総合」の芸術



第七章 セリグマン来日と日本の「前衛」――長谷川三郎と瑛九



第三部 帝都の展示空間 上野恩賜公園とモダン銀座街頭

第八章 近代美術館から現代美術館へ――美術館建築と「現代美術」

第九章 一九三〇年代東京における「街頭展」とモダニズムの新拠点――「ブリュッケ」と「日本サロン」について

第一〇章 アマチュア写真から写真壁画まで――板垣鷹穂と写真展月評という舞台(ステージ):『アサヒカメラ』一九三三-一九四二

終 章



Modernism in a Time of Crisis: Art in 1930s Imperial Japan

Toshiharu OMUKA

五十殿 利治[オムカ トシハル]
五十殿 利治
五十殿利治:筑波大学大学院人間総合科学研究科教授