広重と浮世絵風景画

個数:

広重と浮世絵風景画

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【重要なご案内】
    緊急事態宣言の影響で、出版社やメーカー等からお取り寄せの商品などの入手状況がつかみにくい状況となっております。
    ご注文から3週間程度しても入荷が見込めないご注文品は、大変勝手ながらご注文を解約させていただきます。
    予めご了承のうえご注文をお願い申し上げます。


  • サイズ A5判/ページ数 317,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130802086
  • NDC分類 721.8
  • Cコード C3070

内容説明

吉原、両国、日本橋…名所絵に隠された技。透視図法や遠近法を駆使し、江戸人たちの名所イメージを巧みに描いた広重。その卓抜な空間造形の手法を解き明かす。

目次

序章 浮世絵風景画研究史と本書の視点
第1章 浮絵の精神史
第2章 広重の名所絵の種本と空間構成
第3章 広重に見る江戸名所絵の定型
第4章 “名所江戸百景”考―大都市江戸の伝統へのまなざし
第5章 浮世絵風景画における四条派の影響
第6章 銅版画と浮世絵風景画
第7章 『日本名山図会』と浮世絵の風景表現

著者等紹介

大久保純一[オオクボジュンイチ]
1959年徳島県に生れる。1982年東京大学文学部美術史学科卒業。1985年同大学大学院博士課程中退。名古屋大学文学部、東京国立博物館、跡見学園女子大学を経て、国立歴史民俗博物館研究部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

虚構と現実が錯綜する風景画はいかにして生み出されたのか。広重の卓抜な空間造形の手法を分析する。カラー口絵8頁・図版160枚。