アニマルサイエンス<br> ブタの動物学 (第2版)

個数:

アニマルサイエンス
ブタの動物学 (第2版)

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年04月21日 18時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 186p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784130740241
  • NDC分類 645.5
  • Cコード C3345

出版社内容情報

寝る子は育つ――よく食べ,よく眠り,清潔好きなブタ.かれらのからだや行動をわかりやすく解説し,食糧だけではなく,実験動物や伴侶動物としてのブタについてもアニマルウェルフェアに着目しながら紹介する.初版の出版から約20年の研究動向をふまえて改訂.

内容説明

よく食べ、よく眠り、清潔好きなブタ。かれらのからだや行動をわかりやすく解説し、食糧だけではなく、実験動物や伴侶動物としてのブタについてもアニマルウェルフェアに着目しながら紹介する。初版の出版から約20年の研究動向をふまえて改訂。

目次

第1章 イノシシからブタへ―イノシシの家畜化
第2章 雑食・胴長・鼻力―ブタのからだとそのしくみ
第3章 清潔好きな動物―ブタの行動
第4章 早熟・早肥・多産―家畜としてのブタ
第5章 これからのブタ学―ブタとヒトとの未来
補章 最近の動向

著者等紹介

田中智夫[タナカトシオ]
1953年大阪府に生まれる。1977年広島大学水畜産学部卒業。1979年広島大学大学院農学研究科修士課程修了。麻布大学助手、同助教授、同教授、グェルフ大学(カナダ)客員教授などを経て、麻布大学名誉教授、農学博士。専門は家畜行動学。家畜を中心とした飼育動物の環境について、アニマルウェルフェアの観点から行動学的研究を展開する。とくに最近は、動物の感覚能力や認知能力に関する研究を多く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。