飛ぶ力学

個数:

飛ぶ力学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年09月18日 05時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784130638128
  • NDC分類 538.1
  • Cコード C1050

内容説明

大人も楽しめる飛行機サイエンス。飛行の力学とその本質をヒコーキ先生がわかりやすく解説。

目次

第1章 実機と紙ヒコーキはどこが違うか―重心と静安定
第2章 無尾翼機はなぜ飛ぶか―姿勢の復元
第3章 超音速機はなぜ細長いか―流れの相似則
第4章 鳥はなぜ尾を広げ、フォークボールはなぜ落ちるか―レイノルズ数の影響
第5章 空飛ぶ恐竜の重さはどのくらいか―二乗三乗法則
第6章 操縦と自動車の運転はどこが違うか―縦の姿勢制御
第7章 飛行機は空飛ぶ絨毯とどこが違うか―誘導抵抗
第8章 ヘリコプターのローターはなぜ大きいか―空中静止
第9章 操縦に極意はあるか―人間の寄与

著者等紹介

加藤寛一郎[カトウカンイチロウ]
1935年、東京都に生まれる。1960年、東京大学工学部航空学科卒業、川崎重工業入社。アメリカ・ボーイング社を経て、1971年、東京大学工学部航空学科助教授、1979年、同学科教授、1996年、同大学名誉教授。1996‐2001年、日本学術振興会理事。2004‐2010年、防衛省技術研究本部技術顧問。工学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

紙ヒコーキからヘリコプターまで、飛行の力学とその本質を第一人者がていねいに解説。大人も楽しめる飛行機サイエンス。

空を飛ぶものの力学を「飛行力学」という.風見安定,流れの本質,大きさの影響,さらには操縦の極意まで,紙飛行機から恐竜までを例にとり,飛行力学のもっとも重要な点をやさしく解説する.いかにすれば空を飛べるか? 万人の疑問に答える待望の一冊.

第一章 実機と紙ヒコーキはどこが違うか――重心と静安定
第二章 無尾翼機はなぜ飛ぶか――姿勢の復元
第三章 超音速機はなぜ細長いか――流れの相似則
第四章 鳥はなぜ尾を広げ、フォークボールはなぜ落ちるか――レイノルズ数の影響
第五章 空飛ぶ恐竜の重さはどのくらいか――二乗三乗法則
第六章 操縦と自動車の運転はどこが違うか――縦の姿勢制御
第七章 飛行機は空飛ぶ絨毯とどこが違うか――誘導抵抗
第八章 ヘリコプターのローターはなぜ大きいか――空中静止
第九章 操縦に極意はあるか――人間の寄与

【著者紹介】
加藤寛一郎:東京大学名誉教授