「白い光」を創る―社会と技術の革新史

個数:

「白い光」を創る―社会と技術の革新史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年11月25日 00時32分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 308,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784130633604
  • NDC分類 545.02
  • Cコード C1040

内容説明

ガス灯、電球、蛍光灯、そしてLED。ノーベル賞受賞へとつながる白い光の歴史を一望。

目次

第1話 太陽の白い光
第2話 炎の黄色い光―オイルランプ・ロウソク・ガス灯
第3話 炎の白い光―白熱ガス灯
第4話 電気の熱い白い光―白熱電球
第5話 ルミネセンスの白い光―白色蛍光灯
第6話 量子の白い光―白色発光ダイオード
第7話 今、白い光は

著者等紹介

宮原諄二[ミヤハラジュンジ]
イノベーション・ファクター研究センター(IIF)代表。1942年静岡県に生れる。1967年名古屋大学大学院工学研究科修士課程修了。日本碍子株式会社、富士写真フイルム株式会社研究部長・事業部長などを経て、1998年一橋大学イノベーション研究センター教授、2001年同センター長。2004年東京理科大学専門職大学院総合科学技術経営研究科総合科学技術経営専攻(MOT)教授、2010年より現職。受賞:大河内記念賞、日本結晶学会特別賞等(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

白熱ガス灯から白色発光ダイオードまで。人類が手にした「白い光」の変遷と産業の盛衰を、豊富なエピソードを交え語る。

人類は白熱ガス灯によって初めて「白い光」を手に入れた.白熱電球,白色蛍光灯,そして発光ダイオードに到る技術の変遷と産業の盛衰を,豊富なエピソードと科学理論によって追う.『「白い光」のイノベーション』(朝日選書,2005年)に,ノーベル賞受賞とLEDのその後の展開について大幅に加筆・改訂.

第1話 太陽の白い光
 1 光が生まれた/2 色とは何だろうか/3 白い光を作る/4 インベンションとイノベーション
第2話 炎の黄色い光――オイルランプ・ロウソク・ガス灯
 1 炎の明かりはいつ生まれたのか/2 炎の明かりの進化/3 炎の明かりは白い光になれなかった
第3話 炎の白い光――白熱ガス灯
 1 最初の白い光/2 ウェルスバッハ物語/3 素材産業の宿命「原料のくびき」
第4話 電気の熱い白い光――白熱電球
 1 エジソン電球が作られた/2 白熱電球が生まれた/3 産業末期の輝き――「帆船効果」
第5話 ルミネセンスの白い光――白色蛍光灯
 1 蛍光体は昔から知られていた/2 白色蛍光灯が生まれた/3 研究開発の定石――「リニアモデル」
第6話 量子の白い光――白色発光ダイオード
 1 神が作り忘れた光――レーザー/2 白色発光ダイオードがつくられた/3 イノベーションの源泉――「辺境効果」
第7話 今,白い光は
 1 それは日本で起こった/2 白色LEDが生き残ったわけ/3 次の「白い光のイノベーション」は?

【著者紹介】
宮原 諄二
宮原諄二:元東京理科大学専門職大学院総合科学技術経営研究科教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件