分子軌道法―定性的MO法で化学を考える

個数:

分子軌道法―定性的MO法で化学を考える

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年10月23日 08時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 299p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130625111
  • NDC分類 428.1
  • Cコード C3043

目次

定性的分子軌道法のすすめ
原子軌道の準位と広がり
定性的分子軌道法
軌道相互作用の原理
共役π電子系の分子軌道―芳香族性を考える
AH型分子の分子軌道―結合距離・結合強度を考える
2原子分子の分子軌道―共有結合を考える
AH2型分子の分子軌道―水分子はなぜ屈曲構造か?
AH3型分子の分子軌道―アンモニア分子の構造を考える
AH4型分子の分子軌道―メタンの構造を考える
フロンティア軌道と化学反応
軌道概念で化学現象を俯瞰する

著者紹介

友田修司[トモダシュウジ]
1968年東京大学理学部化学科卒業。1970年東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。1975年コーネル大学大学院修了。Ph.D.(物理有機化学)取得。1979~1981年プリンストン大学理学部化学科博士研究員。1983年東京大学教養学部助教授。1984年マールブルク大学客員教授。1991~2009年東京大学大学院総合文化研究科教授。2009年東京大学名誉教授。現在、学習院大学を経て、民間研究所顧問(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

必要最小限の数式で、軌道相互作用の原理を基盤したMO法のエッセンスを理解できる、初学者にもやさしい教科書。分子軌道(MO)法の解説には,高度な数学的知識と多くの数式が必要とされるのが通例である.しかし,本書は必要最小限の数式だけを用いることで,軌道相互作用の原理を基盤としたMO法のエッセンスを理解できるよう工夫した.初学者にもやさしい教科書.

第1章 定性的分子軌道法のすすめ

第2章 原子軌道の準位と広がり

第3章 定性的分子軌道法

第4章 軌道相互作用の原理

第5章 共役π電子系の分子軌道――芳香族性を考える

第6章 AH型分子の分子軌道――結合距離・結合強度を考える

第7章 2原子分子の分子軌道――共有結合を考える

第8章 AH2型分子の分子軌道――水分子はなぜ屈曲構造か?

第9章 AH3型分子の分子軌道――アンモニア分子の構造を考える

第10章 AH4型分子の分子軌道――メタンの構造を考える

第11章 フロンティア軌道と化学反応

第12章 軌道概念で化学現象を俯瞰する



Introduction to Molecular Orbital Theory: The Orbital Interaction Paradigm

Shuji TOMODA

友田 修司[トモダ シュウジ]
友田 修司
友田修司:東京大学名誉教授