有機分子の分子間力―Ab initio分子軌道法による分子間相互作用エネルギーの解析

個数:

有機分子の分子間力―Ab initio分子軌道法による分子間相互作用エネルギーの解析

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2017年11月19日 10時26分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 286p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130625104
  • NDC分類 431.1
  • Cコード C3043

目次

1 分子間力とab initio分子軌道法計算(分子間力の種類;Ab initio分子軌道法計算;Ab initio分子軌道法の計算精度)
2 種々の分子の分子間相互作用(飽和炭化水素の分子間相互作用;水素結合;芳香族分子の相互作用―π/π相互作用、CH/π相互作用;イオンの相互作用;フッ素の相互作用;ハロゲン結合)
3 密度汎関数法による解析、力場計算への利用(密度汎関数法による分子間力の計算;Ab initio分子軌道法を用いた力場パラメータの決定)

著者紹介

都築誠二[ツズキセイジ]
1960年東京都に生まれる。1985年東京大学大学院理学系研究科化学専門課程修士課程修了。1985年通商産業省工業技術院化学技術研究所研究員。1996‐1997年科学技術庁長期在外研究員、ケンブリッジ大学化学科博士研究員。2001年独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員。現在、独立行政法人産業技術総合研究所上級主任研究員、博士(理学)。専門は物理化学、計算化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

分子間力と分子間相互作用エネルギーの計算方法を、具体例を示しながら体系的に解説したテキスト。

<i>Ab initio</i> 分子軌道法は,計算機の進展により分子構造,反応機構,励起状態など種々の研究で広く使われるようになっている.読者が独力で分子間相互作用を解析できるよう,具体例を示しながら分子間力や計算方法について体系化したテキスト.

序 章
第I部 分子間力と<i>ab initio</i>分子軌道法計算
 第1章 分子間力の種類
 第2章 <i>Ab initio</i> 分子軌道法計算
第3章 <i>Ab initio</i> 分子軌道法の計算精度

第II部 種々の分子の分子間相互作用
 第4章 飽和炭化水素の分子間相互作用
 第5章 水素結合
 第6章 芳香族分子の相互作用――π/π相互作用,CH/π相互作用
 第7章 イオンの相互作用
 第8章 フッ素の相互作用
 第9章 ハロゲン結合

第III部 密度汎関数法による解析,力場計算への利用
 第10章 密度汎関数法による分子間力の計算
 第11章 <i>Ab initio</i> 分子軌道法を用いた力場パラメータの決定

付録
1 <i>Ab initio</i>分子軌道法計算等のプログラム
2 Z-matrixを用いた分子構造の定義

索引

【著者紹介】
都築 誠二
都築誠二:産業技術総合研究所上級主任研究員