有機化学―有機反応論で理解する

個数:
  • ポイントキャンペーン

有機化学―有機反応論で理解する

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784130625050
  • NDC分類 437
  • Cコード C3043

内容説明

有機反応論の立場から有機化合物の基礎を解説。化学を専攻としない学生もこれ一冊で有機化学の基礎知識を習得できる新たな有機化学の入門書。反応を羅列的に紹介することはせず、有機反応のしくみを説明することに重点をおいた。分子構造論の電子に関する理解と、熱力学の巨視的な取り扱いを踏まえて反応論を学べるように工夫。有機化合物の構造、物性に関する重要事項についても述べ、これ一冊で有機化学の基礎知識が得られる。

目次

序論
結合の形成と分子の構造
電子とエネルギー
酸と塩基
有機化学反応の考え方
アルカン
ハロゲン化アルキル
アルコールとエーテル
アルケンとアルキン
芳香族化合物
カルボニル化合物1―アルデヒドとケトン
カルボニル化合物2―カルボン酸とその誘導体
窒素を含む有機化合物 ニトロ化合物とアミン

著者等紹介

村田滋[ムラタシゲル]
1956年長野県に生れる。1979年東京大学理学部化学科卒業。1981年東京大学大学院理学系研究科化学専攻修士課程修了。1993年三重大学工学部助教授。1996年より東京大学大学院総合文化研究科助教授(理学博士)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。